2019/10/036 Shares

レターパックライト・プラスならコンビニで!購入・支払方法の注意点まとめ

レターパックのコンビニ購入

郵便局がしまっている土日祝日、深夜でもレターパックライトやレターパックプラスが買えるのがコンビニです。

そのうちセブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに行きました。

私の家の近所にあるコンビニに直接行って、買えるかどうか店員さんに確認したところ、結果は、次のとおりでした。

コンビニ名 買える? 支払方法は?
セブンイレブン 一部 nanacoもOK
ローソン 現金のみ
ミニストップ WAONもOK
ファミリーマート 一部 ファミマTカードもOK

===結論だけ知りたい方===

【1】ローソンまたはミニストップに行ってレジで店員さんに「レターパックライト(またはプラス)を●つください」と伝える。

【2】レターパックライトなら360円×個数、レターパックプラスなら510円×個数を購入

【3】送る荷物をレターパックに入れる

【4】「ご依頼主様保管用シール」をはがす(これ大事!)

【5】コンビニ内の店内ポストか外にある郵便ポストに投かん(切手をはる必要ありません)

===============

郵便局の公式サイト(レターパックはコンビ二でも売っていますか?)では、次のようにレターパックの取扱いコンビニについて説明しています。

レターパックは、当社と郵便切手類販売の委託業務を契約しているコンビニエンスストアで取り扱っています。

ただし、各店舗によりお客さまニーズの高いものを取り揃えていますので、取り扱いがない場合もあります。

ご購入の際には当該店舗におたずねいただくか、又はお近くの郵便局をご利用ください。

つまり、郵便局と仲良しのコンビニにはレターパックあるけど、店によってはレターパックは売れないなあ、と判断して、売ってないかもしれませんよ、ってことですね。

この記事では、レターパックライトとレターパックプラス(面倒なので、まとめて「レターパック」にします)について、各コンビニでの購入方法と注意点についてまとめたので、夜に買いに行く前にさらっと見てから出かけることをおススメします。

▼レターパックライト

レターパックライト

値段:360円
サイズ:340mm×248mm(A4ファイルサイズ)
厚さ:3cm以内
重量:4kg以内
配達方法:郵便受けに届く
追跡サービス:あり

▼レターパックプラス

レターパックプラス

値段:510円
サイズ:340mm×248mm(A4ファイルサイズ)
厚さ:制限なし
重量 4kg以内
配達方法:対面手渡しで受領印(署名)で確認
追跡サービス:あり

2つの違いは、(1)厚さ制限があるかないか、(2)郵便受けに届くのか、対面で受け取りが必要なのかにあります。


1.ローソンでレターパックを購入する方法と注意点

レターパックを買うなら「店員さん」に声をかけよう!

ローソン

ローソンは、郵便局と仲良しです。2003年に提携してから店内ポスト(愛称はローポスくん)を設置して、2004年からはゆうパックを取り扱っています。

そのため、郵便局のレターパックももちろん扱っています。

では、レターパックはコンビニのどこにあるか?ということですが、陳列などはしていません。

購入する時は、レジで店員さんに「レターパックライトを1つください」とか「レターパックプラスを2つください」とか言えば出してもらえます。

でも、レターパックというのは覚えているけど、正直、プラスなんだかライトなんだかよくわからないときは、「レターパックの青い方1つください」とか「レターパックの赤い方2つください」というのもありですね(私は、大体、こう言ってます)。

また、値段が違うので、「レターパックの安い方1つください」とか「レターパックの高い方2つください」といえばたいてい通じます。

なお、最初に書いたように、お店によって取り扱いを決めていますし、在庫がたまたまない場合もあるので、ないと言われたら、依頼できるのなら依頼し、依頼できないのなら他のお店に行くことになるでしょう。

ローソンの支払方法

ローソンでの支払いの注意点ですが、「現金オンリー」です。

例えば、共通ポイントのPontaで払うとか、電子マネーやクレジットカード、クオカードで払うことはできません。

レターパックプラスは510円、レターパックライトは360円となります。

そのため、ローソンで購入する時は、必ず現金を持って行きましょう

普段から電子マネー、クレジットカード、ポイントカードでコンビニを利用していると、こういうときに「え!? 現金しかダメなの!」とレジで気づいても遅いので、今から出かける方は、必ず現金を持って行きましょう。

ローソンなら店内ポストに投かん!

そして、その場で出したい時は、店内ポスト(ローポスくん)に入るサイズなら、その場で投かんすればOKです。

ただし! 「ご依頼主様保管用シール」をうっかりはがすのを忘れる人が続出なので、忘れないようにしましょうね。
レターパックプラス2

このシールに書かれた番号で、レターパックが今どこにいるかの追跡ができますよ。

郵便追跡サービス – 日本郵便

非常に便利ですね。

なお、レターパックプラス(赤い方)は厚さ制限がないので、無理矢理、厚さのあるものをつめると、ポストに入らないサイズになるので、最寄りの郵便局窓口に持って行くことになります。

例えば先日、妻がマクドナルドのハッピーセットについてくるふなっしーのおもちゃを送るためにレターパックプラスを使ったのですが、3cmどころか5cm前後あったので、あきらめて郵便局にもっていきました。
ふなっしー2 

ふなっしー1
ローソンの公式サイトにも書かれていますが、店内ポストに入らないからといって、店員さんにあずかって下さいというわけにはいきませんので、ご注意ください。

2種類それぞれ360円、510円の専用封筒をご利用いただき、ポストへ投函してください。

レターパックは、信書の送付もできます。

店内ポストに投函できないレターパックは、直接最寄の郵便局窓口へお持ち下さい。

(店内ポストに投函できないレターパックは店頭でお預かりできません。)

郵便ポスト、切手・ハガキ・収入印紙、レターパック|ローソン

店内にあるというだけで、取扱いは、あくまで店の外にある時と同じ扱いです。

外にあるポストに入らないから、近所の人、誰かあずかって~なんて、しませんよね。店内にあるからなんでもできるような気がしますが、残念ながらできません。

まあ、ちょっとした書類程度なら、全く問題ないので気にする必要はありませんが。

最寄りのローソンを調べたい方は、こちらからどうぞ。

店舗検索 | ローソン




2.ミニストップでレターパックを購入する方法と注意点

ミニストップ
さて、ミニストップで購入するときについても、基本はローソンと同じですが、支払方法で特徴があります。

それが、現金以外に電子マネーWAON(ワオン)で払えるという点です。

ということは、コンビニで唯一レターパックの購入でポイントが貯めるチャンスがあるってことですね。

イオンカードセレクトなら、オートチャージでWAONにチャージすると、ポイントが貯まる仕組みになっているので、このWAONでレターパックを買うとポイントが貯まります。

WAONにクレジットカードでチャージ

↓ この段階でクレジットカードのポイントが貯まる

WAONでレターパック購入(ここでポイントが貯まるわけではありません)

・・・といっても、還元率は0.5%なので、無理矢理レターパックのためにイオンカードセレクトを申し込む必要は全くありませんが、イオンやマックスバリュをよく利用する方は、イオンカードセレクトがおすすめです。

関連 イオンカードセレクトのメリットは?私の妻が愛用する6つの理由!(旧ブログ:書庫のある家@i-cube)

ちなみに、支払う時にはレジに支払方法が表示されて、WAON以外の電子マネーやQUICPayなんかも出てきて、あれ?もしかして払えるの?と思って店員さんにQUICPayでお願いしたら、ダメでした。

やはり、WAONか現金のみなんですね。

最寄りのミニストップを調べたい方は、こちらからどうぞ。

トップ | ミニストップ 店舗検索




3.デイリーヤマザキやセイコーマートも買える!

上記の3つの他にも、デイリーヤマザキが公式サイトで販売していると書いています。
デイリーヤマザキ
出典「収納代行サービス・切手・ごみ処理券 | 店内サービス | デイリーヤマザキ

最寄りのデイリーヤマザキを調べたい方は、こちらからどうぞ。

店舗のご案内|デイリーヤマザキ

また、北海道でおなじみのセイコーマートは、郵便局と提携しているため、レターパックの取扱いがあります。

店舗のご案内|セイコーマート




一部のセブン-イレブンでレターパックが買える!

セブン-イレブンでは一部の店舗で買えます。

詳細は次の記事をお読みください。

関連 セブンイレブンで新しいレターパックは買える?nanacoは使える?




一部のファミリーマートでレターパックが買える!

2016年8月からファミリーマートでのレターパックライトとレターパックプラスの取扱店舗が拡大しています。

近所のファミリーマートで購入したところ、ファミマTカードを利用して買うこともできました。

参考:切手・はがき|サービス|ファミリーマート

(参考)レターパックは消費税がかかってないの!?

消費税
3枚のレシートの写真を出しましたが、いずれも消費税は「0円」だったことに気づかれたでしょうか?

実は、レターパックは消費税が非課税なんですね。

今度、レシートを見る時は、消費税にも注目してみてください。

まとめ

コンビニでレジの店員さんに言えばあっけなく買えますが、実際にそれぞれのコンビニに行ってみると、微妙に違って奥が深いなあ、というのが印象です。

繰り返しになりますが、「ご依頼主様保管用シール」をうっかりはがすのを忘れる人が続出なので、忘れないようにしましょうね。
レターパックプラス2

このシールに書かれた番号で、レターパックが今どこにいるかの追跡ができますよ。

郵便追跡サービス – 日本郵便

なお、この記事では、コンビニで買えるレターパックに関する情報を集めています。

もしこの記事には書いていないあなたが知っている情報がありましたら、コメント欄で教えていただけますととっても喜びます!

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする