13 Shares

過去の還付申告書を作成するための国税庁の「確定申告書等作成コーナー」の使い方

還付申告

確定申告は毎年3月15日までに行いますが、これは税金を納める場合です。

年末調整をした会社員・公務員が払いすぎた税金を返してもらう還付申告の場合、実は翌年1月1日から5年間も可能なのです。

医療費控除、住宅ローン控除、ふるさと納税、配偶者控除・配偶者特別控除などを忘れても、5年以内なら税金の還付を受けることができます。

関連 住宅ローン控除や医療費控除で還付を受けるだけなら1月1日から5年間還付申告が可能

でも、過去の分の申告書なんてどうやって作ったらいいの?とよくご質問をいただきます。

国税庁の確定申告書等作成コーナーでは、過去の分の申告書についても作成することができるので、今回はその方法をご紹介します。

なお、今年の確定申告については、次の記事をお読みください。

関連 住宅ローン控除 / ふるさと納税 / 医療費控除 / 配偶者控除


確定申告書の作成準備

▼国税庁の確定申告書等作成コーナーを開いて「作成開始」を選びます。

還付申告

▼税務署への提出方法の選択

  • e-Taxで提出(マイナンバーカード方式)
  • e-Taxで提出(ID・パスワード方式)
  • 印刷して提出

の3種類が選べますが、今回は紙で提出する「印刷して提出」を前提に進めます。

確定申告

※ここでは「印刷して提出(書面提出)」を選んだ場合で説明しています。

▼推奨環境の確認

OS、ブラウザ、PDF閲覧ソフトの確認をします。最新版を利用していれば特に問題ありません。

確定申告

ここまでは普通の確定申告書を作る場合と同じです。




過去の年分の還付申告書の作成

▼作成する申告書等の選択

還付申告

2つ選べますが、「過去の年分の申告書等の作成」を選びます。

すると、平成27年分~平成30年分が選べるので、作りたい年分を選びます。

還付申告

医療費控除や住宅ローン控除などは「所得税」を選びましょう。

還付申告

この後は、サイトの手順に従って入力をしていきましょう。

公式サイト 国税庁確定申告書等作成コーナー




まとめ

妊娠・出産、引っ越し、転職など生活に変化があると、バタバタして控除の申請を忘れてしまうことってありますよね。

育休中に配偶者控除を使わなかったとか、出産時に医療費控除を忘れていたとか、非常にもったいないです!

産後は子どもを連れて税務署へ行くのも大変ですから、「確定申告書等作成コーナー」で書類を作成して、郵送してしまいましょう。

関連 住宅ローン控除や医療費控除で還付を受けるだけなら1月1日から5年間還付申告が可能

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする