7 Shares

住宅ローンの年末残高証明書はいつ届く?使い道と再発行の方法【2019年版】

住宅ローンの年末残高証明書

毎年10月頃になると「住宅ローンの年末残高証明書」がやってきます。

住宅ローン控除の年末残高証明書がないと確定申告や年末調整で住宅ローン控除ができません。

借入金額にもよりますが、住宅ローン控除で数十万円の還付が受けられる金券です。

もし夫婦で連帯債務で住宅ローンを組んでいる場合は「2枚」届きます。

「融資額残高証明書」の見本

画像出典:フラット35「「融資額残高証明書」の見本

年末調整における住宅ローン控除の書類の書き方については次の記事をお読みください。

関連 2年目の住宅ローン控除の年末調整の必要書類と申告書の書き方


住宅ローンの年末残高証明書とは?

住宅ローンの年末残高証明書は、年末時点の住宅ローンの予定残高を証明する書類です。

住宅ローン年末残高証明書

住宅ローン控除は

  • 年末時点の住宅ローンの残高×1%

で減税できる金額を計算するため、このような年末残高の証明書が毎年発行されます。

正式名称は「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」ですが、金融機関によって名前が異なります。

生命保険料控除証明書や地震保険料控除証明書と合わせて私は「金券」と呼んで大切に保管しています。

特に還付金額が大きいキングオブ金券が、住宅ローンの年末残高証明書です。

この証明書は

  • 入居1年目:確定申告
  • 入居2年目から10年目まで:年末調整(または確定申告)

で住宅ローン控除を受ける際に利用する重要な書類の1つです。




住宅ローンの年末残高証明書はいつ届く?

この時期は金融機関や借入時期によっても異なります。

(1) 入居2年目以降は10月に届く

どの金融機関も10月にくるのがほとんどかと思います。

例えば我が家はフラット35(優良住宅ローン)ですが、毎年10月初旬に届きますが、10月下旬まで来ない金融機関もあります。

中には11月上旬になってようやく来たという場合もあります。

会社の年末調整書類の提出期限に間に合わない場合は、他の書類だけ先に提出して、後から届き次第「残高証明書」を提出することも多いです。

(2) 入居1年目はバラバラ

入居1年目は「借入時期」などによって金融機関ごとに異なります

主な金融機関を調べてみると次のとおりです。

三菱UFJ銀行

  • 借入時期が当年9月末:10月中旬
  • 借入時期が当年10月~12月末:翌年1月中旬

参考 「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」はいつ発送されるのですか?

三井住友銀行

  • 一律で翌年1月下旬

参考 住宅ローン残高証明書

みずほ銀行

  • 当年9月末までに借入れ:10月下旬
  • 当年10月から12月までに借入れ:翌年1月下旬

参考 住宅ローン控除に必要な年末残高証明書はいつ届きますか

りそな銀行

  • 当年9月末までに借入れ:10月下旬
  • 当年10月から12月までに借入れ:翌年1月中旬

参考 (預金・住宅ローン)残高証明書の発行をするには?

フラット35の残高証明書

フラット35の場合、2年目以降の年末調整で利用する残高証明書は10月1日に発送されます。

1年目は契約・入居時期によって異なります。

住宅ローンの契約締結時期 入居日 融資額残高証明書の発行方法
平成19年1月1日から
平成30年12月31日まで
平成19年1月1日以降 令和元年10月1日に
機構から郵送
平成31年1月1日から
令和元年8月31日まで
平成31年1月1日から
令和元年8月31日まで
令和元年10月1日に
機構から郵送
令和元年9月1日から
令和元年12月31日まで
ご返済窓口の
金融機関にて発行
住宅ローンの契約
締結日の翌年
令和2年10月上旬に
機構から郵送予定
令和元年9月1日から
令和元年12月31日まで
令和元年9月1日から
令和元年12月31日まで
令和2年1月23日に
機構から郵送
住宅ローンの契約
締結日の翌年
令和2年10月上旬に
機構から郵送予定

【画像出典】住宅ローン減税を受けるための「融資額残高証明書」の発行|フラット35

※フラット35は「融資額残高証明書」という名前です。




住宅ローンの年末残高証明書が届かない理由は?

住宅ローンの年末残高証明書が届かない理由として多いのが住宅ローン控除の対象期間が終わっている場合です。

  • 住宅ローン11年目
  • 繰上返済により返済期間が10年未満になった

というパターンが主です。

住宅ローン控除が受けられるのは10年間なので、11年目にはもう届かないのです。

また繰上返済で当初の借入日からの返済期間が10年未満になった場合、住宅ローン控除の条件を満たさず、証明書は届きません。

関連 繰上返済で借入期間が10年未満になっても住宅ローン控除はできますか?




9月~12月に繰上返済や借換えした場合の注意点

2年目以降の住宅ローンの年末残高証明書をみると

「○年8月31日現在の資料をもとに作成しております。」

「○年9月30日現在の資料をもとに作成しております。」

などその時点での予定額が記載されています。

住宅ローンの年末残高は、12月31日現在にならないと本来わかりません。

しかし、住宅ローンは毎月一定額で返済することが決まっているので12月31日現在の残高が予想できます。

年末調整で11月頃に勤め先に書類を提出することから、金融機関は前倒しで9月までには作成し、10月頃に送っています。

もし9月から12月までの間に繰上返済や借換えをすると、

  • 10月に送られてくる住宅ローンの年末残高証明書の「年末残高の予定額」
  • 実際の「年末残高」

が異なります。

この場合は残高証明書の再発行が必要です。

金融機関に再発行の手続きを確認しましょう。

自動的に繰上返済後の証明書を送ってくる金融機関もありますが、調べると自分で再発行の手続きをするところが多いのでご注意ください。

関連 住宅ローン控除ができる当初10年間は早く繰上返済した方が本当に得?金利1%未満なら損かも

なお、もし年末調整の書類を提出した後に繰上返済や借換えをした場合は、

  1. 翌年1月末までに年末調整を修正してもらう
  2. 自分で確定申告をして修正する

のいずれかを選んで正しい税金を計算します。




年末残高証明書を失くした場合も再発行

住宅ローンの年末残高証明書を紛失した場合は、すぐに金融機関に連絡して再発行の依頼をしましょう。

特に2年目以降の方は年末調整の書類提出日までに届くようにしておきたいですね。

間に合わなければ「確定申告」で行うこともできますが、年末調整で還付してもらった方が手続きは圧倒的に楽です。

「どうせ医療費控除やふるさと納税で確定申告をするし、まとめてやればいいや」

というのも悪くはないのですが、2年目以降の住宅ローン控除は年末調整で先にやった方が手間が省けますよ

まとめ

「住宅ローンの年末残高証明書」が届いたら大事に保管しましょう。

特に1年目は届く時期によっては確定申告まで数か月、間が空きます。

土地・建物の登記関係の書類などと一緒に保存しておくといいでしょう。

年末調整や確定申告で利用してしっかりと還付金をもらってくださいね。

関連 住宅ローン控除の確定申告書の書き方と申請方法

関連 2年目の住宅ローン控除の年末調整の必要書類と申告書の書き方

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする