2018/12/05115 Shares

【年末調整】平成30年分住宅借入金等特別控除申告書兼証明書の書き方と記入例(2年目以降の住宅ローン控除)

2年目の住宅ローン控除

この記事では年末調整で勤め先に提出する住宅ローン控除に関する書類(住宅借入金等特別控除申告書)と具体的な書き方の見本について説明しています。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

入居2年目からは年末調整だけで住宅ローン控除が可能となります。

1年目と大きく状況が変わらない限りは、後は「住宅ローンの年末残高証明書」に記載されている「年末の住宅ローン残高」に基づいてその1%相当が減税となるだけです。

確定申告を再度しなくてもこれから紹介する書類を勤め先に提出するだけで可能です。

1年目の確定申告については下記の記事をお読みください。

関連 わかりやすい住宅ローン控除の確定申告書の作成方法

関連 写真で見る住宅ローン控除の確定申告の必要書類一覧

関連 住宅ローン控除の条件は?減税を受けるための12のポイント


1.2年目以降の住宅ローン控除の年末調整の必要書類

住宅ローン控除の年末調整で必要な書類は次の2種類です。

  1. 住宅借入金等特別控除申告書 兼 証明書:税務署から一括でもらう
  2. 住宅ローンの年末残高証明書:銀行から毎年もらう

これらは勤め先からもらう書類ではない点にご注意ください。

1-1.住宅借入金等特別控除申告書 兼 証明書とは?

住宅借入金等特別控除申告書 兼 証明書は、確定申告をした年の10月頃税務署から送られてきます。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

  • 上半分:住宅借入金等特別控除申告書
  • 下半分:住宅借入金等特別控除証明書

同じような用紙が年度を変えて9枚入っています。

例えば、平成29年に入居して確定申告をした方は、平成30年から平成38年までの9枚の書類を今年10月に受け取ります。

毎年の年末調整の際に、該当する年分(今年は平成30年分)だけ記載して勤め先に提出します。

もしなくしてしまった場合は再発行しましょう。

関連 「住宅借入金等特別控除申告書」を紛失したときの再交付の手続

※繰上返済や借換えをした場合でも再発行は不要です。最初にもらった用紙をそのまま使います。

関連 繰上返済で借入期間が10年未満になっても住宅ローン控除はできますか?

1-2.住宅ローンの年末残高証明書

もう1つが毎年10月頃銀行から届く「住宅ローンの年末残高証明書」です。

例えばフラット35は「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」という名前で送られてきます。

「融資額残高証明書」の見本

参考:住宅ローン減税を受けるための「融資額残高証明書」:住宅金融支援機構

この中から「自分の分」をミシン目にそって切り取って勤め先に提出します。

関連 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書とは?使い道と再発行について

関連 【2年目の住宅ローン控除】 連帯債務の負担割合や2か所以上借りている場合はどう書けばいいの?

※9月以降に繰上返済や借換えをした場合、実際の残高と異なるため再発行が必要な場合があります。忘れずに依頼しましょう。




2.平成30年分 住宅借入金等特別控除申告書の書き方と記入例

ここから上半分の「住宅借入金等特別控除申告書」の書き方と記入例を説明します。

下半分は証明書で既に印字されているため記載不要です。

まず年分が「平成30年分」となっていることを、必ず確認してください。

2-1.勤め先とあなたに関する基本情報

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

税務署長は勤め先の所轄税務署長となりますが、空欄でも結構です。

関連 住宅借入金等特別控除申告書の「税務署長」の欄は何を書く?

「給与の支払者の法人番号」を書く欄は勤め先(企業の場合)が記載する欄なので空欄でOKです。

右上には

  • 氏名
  • フリガナ(カタカナで記載)
  • 住所

を書きます。

そして「印」の部分に押印をします。

「世帯主の氏名及びあなたとの続柄」は、

  • 世帯主が自分の場合:「自分の名前」と「本人」
  • 世帯主が自分以外の場合:「その人の名前」と続柄「夫・妻・親・子」など

を書きます。

2-2.1欄の書き方

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

1欄「新築又は購入に係る借入金等の年末残高」には、平成30年12月31日現在の住宅ローンの金額(予定額)を記載します。

(1) 新築又は購入に係る借入金等の年末残高

例えば以下のような年末残高証明書があれば、年末残高は39,500,000円となります。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

ただし、連帯債務で借りている場合には「住宅借入金等の年末残高×自分の負担割合」が年末残高になります(自分の分だけ)。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

負担割合は平成29年分の確定申告書類の1つ「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の中で「(4)連帯債務にかかるあなたの負担割合」という欄に記載されています。

確定申告書を確認しましょう。

記入例では、年末残高(予定額)は3,950万円で連帯債務の負担割合は夫50%、妻50%となっています。

そのため、3,950万円×50%=1,975万円(夫の負担分)を記載します。

(2) 住宅借入金等の内訳

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

住宅借入金等の内訳として「A 住宅のみ」「B 土地等のみ」「C 住宅及び土地等」の3種類の列がありますが、これは年末残高証明書に区分が書かれています。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

この場合は「C 住宅及び土地等」に記載します。

記入例では連帯債務で年末残高が19,750,000円、住宅借入金等の内訳は「C 住宅及び土地等」のため、次のように記載します。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

※住宅ローンが2本あって、「住宅のみに対するローン」と「土地・住宅一体に対するローン」がある場合には、次の記事をお読みください。

関連 住宅のみローンと土地・住宅ローンがある場合の住宅借入金等特別控除申告書の記入方法

(3) 繰上返済をした場合の注意点

9月以降に繰上返済をすると、年末残高証明書の予定額が実際の年末残高と異なる場合があるので、繰上返済後の計算に基づく証明書を再発行しましょう。

(4) 借換えをした場合の注意点

借換えをした場合は、調整が必要な場合があります。

詳細は次の記事をお読みください。

関連 借換えしても住宅ローン控除はできる?年末調整の手続きに注意!

2-3.2欄と3欄の書き方

2欄「家屋又は土地等の取得対価の額」と3欄「家屋の総床面積又は土地等の総面積のうち居住用部分の床面積又は面積の占める割合」は、下半分の証明書から(ロ)と(ハ)・(ニ)の金額・面積を転記します。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

面積の割合は店舗兼住宅でもない限り、100%です。

もし店舗併用住宅、事務所併用住宅など居住用以外の部分があるときは、割合を小数点以下第4位まで出して、第4位を切り上げます。

ただし、90%以上の場合は「100%」と記載します。

2欄は右に転記した金額を合計します。3欄は右に割合を書きます。

住宅借入金等特別控除申告書兼証明書

2-4.4欄と5欄の書き方

4欄「取得対価の額に係る借入金等の年末残高」は1欄と2欄のいずれか少ない金額を転記します。

住宅借入金等特別控除申告書

5欄「居住用部分の家屋又は土地等に係る借入金等の年末残高「」は、「4欄の金額」に「3欄の割合」をかけた金額を転記します。

住宅借入金等特別控除申告書

通常は「3欄=100%」なので、4欄と5欄は同じ金額になることが多いです。

記入例でも1,975万円がそのまま転記されています。

※6~10欄、12・13欄は「増改築」を前提とした場合です。今回は「新築」を前提にしているので記載不要です。

2-5.11欄と14欄の書き方

住宅借入金等特別控除申告書

11欄「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算の基礎となる借入金等の年末残高」は、「5欄の金額」を転記します。

ただし、カッコして「最高4,000万円」などと書いてあります。

この上限額は入居年によって異なります。

  • 平成27年~29年中:4,000万円または5,000万円
  • 平成26年4月1日~12月31日:4,000万円または5,000万円
  • 平成26年1月1日~3月31日:2,000万円または3,000万円
  • 平成25年:2,000万円または3,000万円
  • 平成24年:3,000万円または4,000万円
  • 平成23年:4,000万円または6,000万円

※金額が大きい方は、特例(例:認定長期優良住宅)の場合です。

14欄「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額」は、「11欄の金額×1%」を求め、100円未満を切り捨てた金額を記載します。

2-6.年間所得の見積額の欄の書き方

11欄の1つ右には「年間所得の見積額」を記載します。

住宅借入金等特別控除申告書

※所得が「3,000万円」を超えると住宅ローン控除が使えなくなる所得制限のためこの欄がありますが、ほとんどの方は該当しません。

これは「年収」のことではありません。

給料年収から「給与所得控除額」を引いた金額になります。

給料年収 給与所得控除額
180万円以下 年収×40%
65万円未満は65万円
180万円超 360万円以下 年収×30%+18万円
360万円超 660万円以下 年収×20%+54万円
660万円超 1,000万円以下 年収×10%+120万円
1,000万円超 220万円(上限)

参考:No.1410 給与所得控除|所得税|国税庁

例えば、

  • 年収700万円⇒年間所得510万円
  • 年収600万円⇒年間所得426万円
  • 年収500万円⇒年間所得346万円

となります。

2-7.連帯債務による住宅借入金等の年末残高の欄の書き方

住宅ローンを「連帯債務」で借りているときだけ記載します。

自分1人で借りているときは、この欄の記載は不要です。

住宅借入金等特別控除申告書

「連帯債務による住宅借入金等の年末残高」には、年末残高証明書の「年末残高(予定額)」を記載してください。

記入例では住宅ローンは1つで3,950万円なのでそのまま転記しています。

住宅ローンが2つ以上ある場合は、合計額を記載します。

2-8.備考欄の書き方

「備考欄」には、他の連帯債務者に関する記載をします。

住宅借入金等特別控除申告書

自分1人で借りているときは、この欄の記載は不要です。

私は連帯債務者として、住宅ローンの残高3,950万円のうち1,975万円を負担しています。

他の連帯債務者の方の住所・氏名・押印と、共働きの場合にはその方の勤務先の住所・名称を書きます。

なお、「私は連帯債務者として~」の「私」とはあなた自身のことではありません。

あなたと一緒に連帯債務で借りた配偶者や親のことです。

記入例でも「国税春子」という配偶者の名前が記載されています。

次の記事で詳しく解説しているのであわせてお読みください。

関連 住宅ローン控除の年末調整|連帯債務や2か所以上借りている場合の記載方法




3.住宅借入金等特別控除証明書

下半分の「平成30年分 年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」は、記載不要です。

住宅借入金等特別控除申告書

ここには入居1年目に確定申告をしたときの情報が印字されています。

記載は以上です。

お疲れさまでした。




4.提出する書類はコピーか写真を撮ろう!

年末調整で住宅ローン控除を初めてする「入居2年目」の方は、終わったらコピーするか、スマホで写真を撮っておきましょう。

これから8年間(残り8回)、似たような書類に似たようなことを書いて提出するからです。

コピーまたは写真を撮っておけば、次回以降は住宅ローンの年末残高が変わるくらいで、あとはほぼ同じなので迷いません。

年に1回しか書かないわけで、どうしても忘れてしまいます。

だからコピーや写真を撮っておけば安心です。

5.住宅ローン控除の年末調整に関するよくある質問と回答

5-1.申告書は税務署に提出されるの?

住宅借入金等特別控除申告書は「勤め先」が保存します。

税務署に提出されることはありません。

関連 年末調整の書類は「税務署」に提出されるの?よくある3つの疑問

5-2.年末調整で住宅ローン控除を忘れたらどうなる?

年末調整で住宅ローン控除の手続きを忘れた場合であっても、2年目も確定申告をすれば住宅ローン控除を受けることができます。

関連 年末調整で2年目の住宅ローン控除を忘れても大丈夫!必要な手続きは?

5-3.医療費控除やふるさと納税をする場合は?

確定申告で医療費控除やふるさと納税をする予定の場合も、手間だけでいえば、年末調整で住宅ローン控除を終わらせた方が簡単です。

また、年末調整の還付で早く還付金がもらえるので、できる限り年末調整ですることをおすすめします。

5-4.産休と育休中も住宅ローン控除はできる?

平成30年は産休と育児休業中で年収0円の場合、残念ながら住宅ローン控除を受けることができません。

また、その分を夫で受けることもできません。

関連 産休・育児休業中でも住宅ローン控除は受けられますか?

まとめ

このブログはあくまで一般的な情報提供をしているため、税金の計算やどちらが有利かなど具体的な税務相談は残念ながらできません。

税金に関する国家資格を持つ税理士または最寄りの税務署にご相談ください。

会社の年末調整の担当者を通じて顧問税理士に確認してもらうのも良いでしょう。

関連 税金に関する相談は税理士または最寄りの税務署へ

あわせて読みたい
この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう