2018/12/0610 Shares

地震保険料控除とは?年末調整書類の書き方の具体例とよくある9つの疑問

地震保険料控除

この記事では、地震保険料控除についてよくある一般的な質問とその回答をまとめました。

また、年末調整の書類の書き方についても具体例付きでご紹介しています。

地震に備える地震保険の保険料を支払う場合には、所得税で最高5万円、住民税で最高2万5千円までが所得から控除されます。

これを地震保険料控除と言います。

例えば、所得税率10%の方は、

  • 所得税:5万円×10%=5,000円
  • 住民税:2万5千円×10%=2,500円

合計7,500円くらいが節税できます。

  • 地震保険料5万円-節税7,500円=42,500円

の実質負担となります

地震保険料控除を受けるためには年末調整や確定申告をしないといけないので、漏れがないようにしましょう!


Q1:地震保険料控除は確定申告と年末調整のどっちで申請する?

入居1年目は「住宅ローン控除」を必ず確定申告でしなければなりません。

そのため、

「年末調整の時に地震保険料控除もした方がいいの?」

「それとも確定申告で住宅ローン控除と一緒にすればいいの?」

というご質問が多いですが、どちらで行っても結果は同じです。

ただし、次の2つの理由から個人的には地震保険料控除も年末調整をおすすめします。

  1. 年末調整は勤め先が勝手に計算をしてくれるので手間が省ける
  2. 年末調整による還付は12月の終わり頃か1月に行われるため早くお金が手に入る

入居2年目以降も同様に、年末調整で行うことをおすすめします。

関連 住宅ローン控除の条件は?減税を受けるための12のポイント




Q2:一括5年分払ったら今年5年分控除できる?

私も入居1年目にその後の5年分の地震保険料を一括で払いました。

最長5年で、一括で払う方が割引があってお得だからですね。

しかし、払った年に5年分をまとめて控除するわけではありません。

5年分を一括で払う場合、5で割った金額が1年分となり、これがその年に控除できます。

【例】

5年分で3万円を払う

→今年控除できるのは3万円÷5=6,000円




Q3:火災保険料や自動車保険料も控除できる?

地震保険料だけです。

火災保険と一緒に地震保険に加入したとしても火災保険の部分は関係ありません。

このほか、自動車保険も控除はありません。

地震保険料控除は、地震災害に対する備えをそれぞれで行ってほしいという政策的な目的で、平成19年1月からスタートしました。

地震保険の世帯加入率はまだ全国で3割程度なので、しばらく続くのではないかと考えられます。

一方、火災保険や自動車保険の加入率は地震保険に比べると既に高いため、国としては普及したい方を優遇しています。




Q4:地震保険料控除証明書はいつ、どこで手に入る?

年末調整や確定申告では、「地震保険料控除証明書」が必要となります。

(1) 「1年契約」や「2年~5年契約の契約した年」の場合

地震保険の保険証券と一緒に送られて来ることが多いです。

保険証券と一体になっていて、ミシン目で切り取る場合をよく見かけます。

そのため、すでに受け取っている可能性がありますので、地震保険の保険証券を探してみてください。

参考 三井住友海上保険「【保険料控除】平成29年(2017年)分の控除証明書が届かない。いつ頃送られてきますか?

(2) 「2年~5年契約の2年目以降」の場合

毎年10月から11月頃損害保険会社からハガキで控除証明書が送られてきます。

我が家も毎年10月中旬頃にAIU保険から地震保険料控除証明書がハガキで送られてきます。

もし送られてこない場合は、「損害保険会社」に確認をしましょう。

(3) 「団体扱い」の場合

原則として控除証明書を発行していていない損害保険会社が多いです。

勤め先による団体扱いの契約については、勤務先に直接地震保険料などの年末調整のために必要な資料やデータが送られています。

この場合は、「勤め先」にご確認ください。

Q5:地震保険料控除証明書はコピーでも良い?

地震保険料控除証明書は、原本を提出します。

もし紛失してしまった場合は、損害保険会社のホームページを見ましょう。

「○○保険 控除証明書 再発行」と検索すると出てくると思います。

たいていよくある質問の中に「控除証明書の再発行」に関する項目があり、連絡先(たいてい電話番号)が書いてあるので、早く再発行してもらいましょう。

再発行は「無料」の場合が多いですが、各損害保険会社にご確認ください。

Q6:年末調整書類の書き方は?

勤め先からもらった「平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書」を用意してください。

右上に「地震保険料控除」という欄があります。

地震保険料控除

左上から順番に書き方を説明すると次のとおりです。

2種類ある場合は、2段に分けて書いてください。

  1. 保険会社等の名称:「略称」でも可(〇〇火災など)
  2. 保険等の種類(目的):「地震(建物)」「地震(家財)」ですが、「地震」だけでもOK
  3. 保険期間:契約期間を書きます。1年~5年のどれか
  4. 保険等の契約者の氏名:契約者の名前
  5. 保険等の対象となった家屋等に居住又は家財を利用している者等の氏名:家に住んでいる人・家財の利用者の名前
  6. あなたとの続柄:自分なら「本人」、違う場合は「配偶者・父・母・子」
  7. 地震保険料又は旧長期損害保険料の区分:地震保険料の場合は「地震」に「〇」
  8. あなたが本年中に支払った保険料等のうち、左欄の区分に係る金額:地震保険料控除証明書に記載されている金額(以下「X」とします)をそのまま書きます。共済などで剰余金の分配がある場合は、控除後の金額
  9. Ⓐのうち地震保険料の金額の合計額:Xを書きます。
  10. Ⓑの金額と右下の合計欄:Xを書きます(Xが5万円を超える場合は「50,000」円)。

ほとんどの方は支払った1年分が5万円以下なので、地震保険料控除証明書の金額を写せばOKです。

関連 平成30年分保険料控除申告書の具体的な書き方と記入例を徹底解説

Q7:旧長期損害保険料とは?

以前は「損害保険料控除」という制度があり、平成19年度の地震保険料控除のスタートに伴い廃止されました。

ただし経過措置として、次の条件を満たす「旧長期損害保険料」について、しばらく制度が残ることになりました。

例えば、JA(農業協同組合)の建物更生共済が有名です。

  1. 平成18年までに契約したもの
  2. 長期(保険期間が10年以上)の損害保険契約
  3. 満期返戻金があるもの
  4. 平成19年以後に契約内容を変更していないもの

根拠:No.1145地震保険料控除|国税庁

そのため最近、家を建てたり買った方は関係ありません

年末調整における「給与所得者の保険料控除申告書」の記載例は次のとおりです。

旧長期損害保険料控除

ポイントとしては、

  1. 「旧長期損害保険料の区分」の「旧長期」に○
  2. (C)欄に旧長期損害保険料の合計額を記載
  3. (C)が1万円を超える場合は「(C)×1/2+5,000円」の計算が必要

の3点です。

記載例では、19,600円で1万円を超えるので、

19,600円×1/2+5,000円=14,800円

となっています。

関連 火災保険は控除できる?旧長期損害保険料の保険料控除申告書の書き方と記載例

Q8:1枚の控除証明書に「地震保険」と「旧長期損害保険」の両方ある場合は?

どちらか1つだけ使えます。

JAの建物更生共済で実際に見ることがありますが、1枚(1契約)の控除証明書に地震保険料と旧長期損害保険料の両方が記載されています。

JA建更共済

出典:JA共済「建物更生共済契約への地震保険料控除の適用について

1契約に地震保険料と旧長期損害保険料がある場合は、同時に使うことができないため、いずれか有利な方を使うことになります。

根拠:No.1145地震保険料控除|国税庁

なお、異なる契約で地震保険料と旧長期損害保険料がある場合は、それぞれ控除することは可能です。

Q9:地震補償保険リスタも地震保険料控除の対象?

現時点では対象外です。

地震保険を補うものとして、SBI少額短期保険の「リスタ(Resta)」というものがありますが、今のところ、地震保険料控除の対象外となっています。

Q. 保険料の控除証明書は発行されないのですか?

少額短期保険は保険料控除の対象とならないため、地震補償保険「リスタ」については、控除証明書を発行しておりません。

地震補償保険「リスタ」を地震保険料控除の対象とするように、弊社では関連省庁に働きかけを行っております。

出典:SBI少額短期保険

地震保険料控除の対象となる場合には、損害保険会社から「地震保険料控除証明書」が届くと思っていればよいでしょう。

まとめ

以上、地震保険料控除の年末調整書類の書き方の具体例とよくある9つの質問についてご説明しました。

地震保険については次の記事もあわせてお読みください。

関連 「どこの地震保険が良いですか?」は間違い!地震保険のよくある7つの質問

なお、具体的な税金の相談については税理士または税務署にご相談ください。

関連 税金に関する相談は税理士または最寄りの税務署へ

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう