Q&A 太陽光発電の売電収入は20万円以下なら確定申告は必要ですか?不要ですか?

2 min
楽天スーパーSALE
[公式] エントリーはこちら
[公式] 楽天カード5倍 ※12/5限定
[公式] スーパーSALEスロット
▼おすすめお買い回り対象
[公式] 楽天ふるさと納税
[公式] Apple Gift Card
[公式] Google Playギフトコード
▼7000Pの買い物目安がわかる
[記事] ポイントシミュレーター

太陽光発電の売電収入は申告必要?不要?

前提

念願の新築一戸建てを建てて、太陽光発電設備も載せました。

来年、住宅ローン控除の確定申告をします。

太陽光発電は余剰売電で今年の利益は20万円以下です。

 

【質問1】

住宅ローン控除の確定申告をするときに、売電の利益はどうすればよいのでしょうか。

ネットで調べると、会社員の場合

  • 太陽光発電も確定申告が必要
  • 副業の利益が20万円以下なら確定申告は不要

と意見がわかれていてよくわかりません。

【質問2】

2年目以降は年末調整で住宅ローン控除をする予定です。

この場合、売電の利益はどうすればよいのでしょうか。

【質問3】

2年目以降、医療費控除をするために確定申告をすることもあると思います。

この場合、売電の利益はどうすればよいのでしょうか。

以上、3つの質問について、順番に回答していきます。

 

関連 税金に関する相談どこで誰にするのがいいの?税理士や税務署に相談する方法まとめ

注:この記事はよくありそうな質問と回答を一般化して記事にしています。特定の人に対する個別具体的な相談事例ではありません。




(1) 20万円申告不要制度と確定申告の関係

まず、住宅ローン控除の確定申告をするときは、売電の利益も一緒に確定申告をする必要があります。

所得(=収入-必要経費)が20万円かどうかは関係ありません。

所得10万円でも確定申告が必要です。

 

「20万円以下なら申告不要じゃないの?」

と思うかもしれませんね。

でもそれは「確定申告をしないとき」だけしか使えません。

【誤り】

  • 住宅ローン控除:還付を受ける
  • 副業:所得20万円以下だから確定申告不要

⇒良いところどりはできない。

 

【正解】

  • 住宅ローン控除:還付を受ける
  • 副業:所得20万円以下でも申告に含めて課税

⇒確定申告をするときは全部申告する。

 

国税庁の公式見解にも次のように書かれています。

しかし、この規定は確定申告を要しない場合について規定しているものであり、確定申告を行う場合にも、この20万円以下の所得を申告しなくてもよいという規定ではありません

出典 No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁




(2) 2年目以降の住宅ローン控除

住宅ローン控除は1年目は確定申告が必須ですが、2年目以降は年末調整だけで終わらせることができます。

そのため、この場合は先ほどの申告不要制度を使うことができます。

確定申告不要制度

ただし、これはあくまで「所得税」の確定申告を不要にする制度です。

 

「住民税」には申告不要制度がなく、申告が必要です。

「住民税の申告書」は自分が住んでいる市区役所・町村役場で入手しましょう。

住んでいる市区町村のホームページでも案内があるのでご確認ください。

 

※所得税の確定申告をしている場合は、税務署から市町村に情報が回るので、住民税の申告は不要です。




(3) 医療費控除

2年目以降、医療費控除をするときは、(1)と同じで全部申告が必要です。

【誤り】

  • 医療費控除:還付を受ける
  • 副業:所得20万円以下だから確定申告不要

⇒良いところどりはできない。

 

【正解】

  • 医療費控除:還付を受ける
  • 副業:所得20万円以下でも申告に含めて課税

確定申告不要制度




【注意】ふるさと納税のワンストップ特例申請

ふるさと納税のワンストップ特例申請をしている人は、要注意です。

所得税の確定申告または住民税の申告をすると無効になります。

必ずふるさと納税も全部含めて申告しましょう。

 

詳しくは次の記事をお読みください。

関連 ふるさと納税のワンストップ特例申請後に確定申告で医療費控除をするときの注意点

合わせて読みたい

副業の申告不要制度については、次の記事も合わせてお読みください。

確定申告不要制度

関連 副業で20万円以下なら確定申告をしなくてもいいの?申告不要制度のよくある3つの誤解

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、この記事のコメント欄またはお問い合わせページからご連絡ください。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断については税金の相談方法をお読みください。
nerona

nerona

40代共働き。書庫のある家に住んでます。お買い物情報やお得なポイント情報が好きです。年末調整や確定申告のやり方もご紹介⇒ 運営者詳細 / お問い合わせ

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA