202 Shares

nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること【2018年版】

固定資産税、自動車税、軽自動車税、所得税、個人住民税などの税金、国民年金や国民健康保険料、電気・ガス・水道料金などの公共料金の振込用紙には、多くの場合、バーコードがあります。

本来、固定資産税なら「市町村」が税金を集めるわけですが、近くの「コンビニ」で気軽に納税してもらった方が市町村としても効率がいいので、コンビニでは、代行サービスを行っています。

特にコンビニ最大手のセブンイレブンでは、電子マネーのnanaco(ナナコ)を使って税金や公共料金を支払うことができますよ。


電子マネーnanacoで税金や公共料金を払おう

クレジットカードに関する雑誌の特集を読んで、初めてそんな方法があるのを知って、私は2013年6月から始めました。

固定資産税nanaco払い

※毎回nanacoで支払っています。

例えば、私が5年間の間に支払った固定資産税は、約70万円です。

還元率1%だとしても、7,000円分のクレジットカードのポイントをもらうことができました。

nanaco払い

これは、現金で払っていれば、決してもらえないポイントです。

例えば、リクルートカードは還元率1.2%でポイントが貯まります。

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

なお、この記事は結構長くなってしまったので、ブックマークしていただき、時間があるときにでも読んでいただけると幸いです。

※クレジットカードのnanacoチャージ以外の方法もあります。

関連 【Kiigo】nanacoギフトコードをクレジットカードで買って税金・公共料金を支払う裏技




雑誌でも紹介されている節約技

クレジットカードに関するどの雑誌を読んでも必ずといっていいほど、この裏技は紹介されています。

ですから、別に私が発見したわけではありません。コンビニで見つけたら、立ち読みしてみて下さい。載ってますから。

・・・ところが、残念なことにこの方法が紹介されているのは、常に、「1ページの中のほんの少し」です。

初めてnanacoで支払ったときもポイントが貯まるまでは、本当にうまくできるのか半信半疑でした。

しかし、使えることが分かってからはヘビーユーザーです。

だからこそ、そのとき、こんなことを知っていたらよかったのに、と思ったことを集めました(というよりもっと早く知りたかった!)。

0から丁寧に、詳しく説明されていないので、「nanaco」と「あるクレジットカード」を用意するだけなのに、落とし穴にはまって効果ゼロなんてもったいないです。




払う税金がなくても、これが損しなくなる理由!

いやいや、払う税金とか公共料金なんてそもそもないよという方、あるいは、nanacoでわざわざ支払うのはなんだか面倒という方も、ちょっと待ってください。

この記事では、オトクで還元率が高いカードをご紹介しているので、そこだけ読んで今使っているクレジットカードを切り替えるだけでも、年間1~3万円、得するかもしれませんよ。

この記事でご紹介するクレジットカードは、新規入会&利用特典でポイントがもらえるので、申し込んでいきなり数千円の得をすることができます。




どうしてnanacoで支払うといいの?

もう少し具体的に、電子マネーnanacoについてご説明しましょう。

実際にnanacoで固定資産税を支払ったときのレシートがこちらですが、レシートには収納代行電算システムとあって、これが代行サービスのことみたいです。

固定資産税nanaco払い

例えば、私名義の固定資産税、自動車税、住民税(給与天引きのものはできません)、水道料金を中心に私のnanacoカードで支払っています。

なお、名義をレジで確認するわけではないので、「旦那様のnanacoカード」で「奥様名義の税金や公共料金」を支払うのもOKです。意外とこれ、使えます。

妻名義の自動車保険とか払ってます。

関連 主人名義の自動車税や公共料金を妻名義のnanacoで支払えますか?

・・・ちなみに、nanacoで支払っても、「nanacoポイント」自体は貯まりません

「クレジットカード」でnanacoにチャージ!

あれ、話が違う、と思われるかもしれませんね。

実は、クレジットカードからnanacoにチャージすると「クレジットカードのポイント」がつくものがあります。

そして、そのnanacoで税金や公共料金を支払えば、「クレジットカードのポイント」が貯まるというのがこの裏技です。

1.nanacoにチャージ=ポイントゲット!

2.nanacoで税金・公共料金支払い

だから、現金でチャージなんて、ホントもったいないなぁ、と思います。

別にクレジットカードでチャージしたからといって、何か手数料が引かれるわけでもありませんしね(チャージは手数料無料!!)。

ローソンで使える「Ponta」やファミリーマートで使える「Tポイント」では、こんなことはできません(ただし、コンビニでトクする方法もあるので、最後までお読みくださいね)。

nanacoなんてセブンイレブンとかイトーヨーカドーでしか使えないから利用価値低いよ、という誤解があるのですが、実はnanacoって、かなり使える電子マネーなのです。

注意

そもそもクレジットカード払いができる電気代やガス代などは、nanacoを使わずに直接クレジットカード払いにしましょう。

今回の裏ワザであるnanacoによる間接払いは、直接クレジットカード払いができない(または手数料がとられる)税金や公共料金の一部を主なターゲットにしています。手数料無料なので、還元率は同じです。

関連 税金や公共料金の支払いはnanacoポイント対象外と言われました。なぜですか?

準備が1番大事です!!

さあ、これさえちゃんとやれば「ポイント」がもらえます。

逆に言えばここでちょっと間違えると、ポイントが貯まらずに「なんで~(涙)」となってしまいます。

コメント欄でも、この記事を読んで、ポイントをゲットできました、というありがとうの声をいただいています。

STEP1:nanacoをゲットしよう!

電子マネーnanacoの手に入れ方は、主に2種類あります。

1.nanacoカード

nanacoカードは、イトーヨーカドーやセブン-イレブンで入手すると、原則、300円の発行手数料がかかります。

ときどきキャンペーンで300円相当のポイントがもらえたり、イトーヨーカドーでは8・18・28日の「8がつく日」に無料になったりするので、そのときを狙ってもいいですね。

関連 nanacoカードを実質無料で作る3つの方法と注意点

2.nanacoモバイル

もう1つが携帯・スマホで「nanacoモバイル」を登録する方法です。

この方法は登録するだけなので無料です(ただし対応機種に制限があります)。

ただし、残念ながら多くの方が使っている「iPhone」はおサイフケータイのnanacoモバイルに対応していないので、原則としてできません。

私はAndroidでおサイフケータイに対応しているスマートフォンを持っているので、nanacoモバイルもできますが、まあ、このためだけにAndroidにするほどではないので、nanacoカードにしましょう。

【注意】ポイント対象外のnanaco

次のnanacoはポイントの付くクレジットチャージがそもそもできないのでご注意ください。

× nanaco付クロネコメンバーズカード

× 株主カードnanaco

× iPhone nanacoシール

特にクロネコメンバーズカードは無料発行されるので、「よし、nanacoカードをタダでゲット!」と思うのですが、クレジットカードからのチャージでポイントが貯まらないので、気をつけましょう。

STEP2:ポイントが貯まるクレジットカードをゲットしよう!

nanacoにチャージをすることができるカードはたくさんあります。

・・・しかし、残念ながら

「すべてのカードでクレジットカードのポイントが貯まるわけではない!!」

ということをご存じでしょうか。

私も知りませんでした。

ふつう、チャージできたらポイントが貯まると思いますよね。。。

【nanacoでポイントが貯まらないもの】

× セブンカード(セブンカードプラスはOK!!)

×楽天カード

× アイワイカード

× REXカード

× エクストリームカード

× ANAカード

× JALカード

ここが1番多くの方がはまってしまう落とし穴です。

REXカードやエクストリームカードなんかは還元率が高いから、「なんで~」というところですよね。

たいてい、この記事も含めてコメント欄やメールでご相談をいただくのが、「このクレジットカードも使えますか?」という質問です。

そうですよね。

自分が既に持ってるクレジットカードが使えたら、それで十分ですものね。

ただ、一般的なクレジットカードは還元率0.5%ですが、せっかくなら還元率が高いクレジットカードでポイントを貯めたくありませんか?

そこで、

私が実際に使っている
nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まる鉄板カードをご紹介します。

▼リクルートカード 還元率1.2%(nanacoチャージは月3万円までポイント付与)

リクルートカードVISA

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

年会費無料のリクルートカードはnanacoへのチャージでポイントが貯まります。

リクルートカード

MasterCard、VISA、JCBの3つのブランドがありますが、なんと、どのブランドを選んでもOKです。

電子マネー

例えば、MasterCardとVISAは、次の4種類の電子マネーでチャージでポイントが貯まりますので、こりゃ、電子マネー無双ですね。

  1. nanaco
  2. 楽天Edy
  3. モバイルSuica
  4. SMART ICOCA

このため、私も「VISA」ブランドをもっています。

特に楽天Edyは楽天カードからのチャージだと還元率0.5%と半減してしまうのに、リクルートカードからだと還元率1.2%でお得だったりします(本家の方が少ない・・・)。

2018年4月16日からルール変更があり、nanacoチャージや楽天Edyへのチャージは合計月3万円までポイント加算で、それを超える部分は加算されないのでご注意ください。

関連 【残念】4月16日からリクルートカードnanaco・楽天Edyチャージに上限月3万円が設定!2枚持ちなら月6万円まで?

さて、リクルートカードでご注意いただきたいのは「出口戦略」、つまりポイントの使い道です。

貯まるポイントは「リクルートポイント」と聞いたことがないポイントですよね。

といっても、貯まったポイントで

ポイントが1円から簡単に使えるので、使い道自体に困ることはないと思います。

じゃらんでリクルートカードを使うとさらに2%還元ポンパレモールならなんと3%還元と還元率も高いです。

例えばポンパレモールでは本が買えますが、さらにポイントアップして、5%引きだったりすることもあります。

リクルートカード(還元率1.2%)と組み合わせると、5%+リクルートカード1.2%=合計6.2%還元です。

しかも1冊から送料無料のものが多いですから、本を良く買う方は使わない手はありません。

また、リクルートポイントは共通ポイントのPontaポイントに交換が可能です。

もちろん手数料無料ですから、リクルートカードを使うことで、還元率1.2%でPontaポイントを手に入れられるわけです。

これによって、ローソン、ゲオ、昭和シェル石油、大戸屋、ケンタッキー、ピザハット、HMV、AOKI、HIS、ヒマラヤなどなど、普段の生活でもムダなく使えますね。

特に、ガソリン(⇒昭和シェル石油)については、自動車を運転する方は、使い道に困ることがまずないでしょう。
昭和シェル石油

関連 昭和シェルで共通ポイントPontaを使ってガソリンを入れる方法

がっつり使う方は、クレジットカード払いができる電気代・ガス代など公共料金、電話代やインターネット接続料などをリクルートカードで払うと、ハイペースでポイントが貯まります。

そんな、コンビニとかファーストフードはちょっと、という方も、ポイントが貯まり過ぎて困るという方は、スーツやカッターシャツ、ビジネスシューズを買いにAOKIに行ってもいいし、ガソリンを入れるために昭和シェルに行ってもいいと思います。

大戸屋で鶏と野菜の黒酢あん定食もおススメです。

大戸屋の鶏と野菜の黒酢あん定食

関連 リクルートカードのポイントの使い道は?大戸屋で鶏と野菜の黒酢あん定食!

一方、いやいや、ポイントの使い道を見ると、自分が普段使うところがないなぁ、という方でも、メインカードは別にして、サブカードとして「年会費無料なのに還元率1.2%のリクルートカード」にしてはいかがでしょうか。

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

▼Yahoo! JAPANカードJCB 還元率1%(nanacoチャージは還元率0.5%)

Yahoo!JAPANカード

Yahoo! JAPANカードもnanacoチャージでポイントが貯まります。

1番の特長は、Tポイントが貯まるという点ですね。

リクルートポイントや楽天スーパーポイントは今まで縁がなかった方でも、Tポイントは日常的に貯めていませんか?

TSUTAYAやファミリーマートなど、貯まるお店、使えるお店がたくさんある点が強みです。
Tポイントが使える店
なお、ブランドについては次のように変更がありますのでご注意ください。

  • Yahoo! JAPANカード【JCB】:還元率1%⇒2/28から還元率0.5%
  • Yahoo! JAPANカード【VISA/Mastercard】:2/28から還元率0.5%

つまり、これから申し込む方はどのブランドを選んでもnanacoチャージに関しては還元率0.5%になるので変わりません。

【公式サイト】
Yahoo! JAPANカード

⇒ Yahoo! JAPANカードのお申し込みはこちらから

▼セブンカード・プラス 還元率0.5%

セブンカードプラスnanaco一体型

イトーヨーカドーで普段から買い物をしている方におすすめです。

還元率1.5%、そして毎月8,18,28日の「8がつく日」は、イトーヨーカドーでのお買い物が5%オフになります。

【セブンカード・プラスの詳細はこちら】

⇒ セブンカード・プラス公式サイト

関連 実は、セブンカード・プラスがnanacoチャージでお得な3つの理由

関連 セブンカード・プラスの入会ポイント・特典は?キャンペーン情報まとめ

関連 セブンカード・プラス一体型のnanacoチャージまでの手順と本人認証

▼ファミマTカード 還元率0.5%

ファミマTカード

コンビニの「ファミリーマート」を利用している方は、チャージ方法の1つとしてご検討ください。

セブン-イレブンのnanacoチャージで使えるなんて不思議ですが。

【公式サイトはこちらから】

ファミマTカード

関連 ファミマTカードからnanacoチャージで還元率0.5%!登録方法をご紹介

関連 ファミマTカードJCBの本人認証サービスは?MyJCBではなく会員専用ネットサービスで!

▼JMBローソンPontaカードVISA 還元率0.5%

ローソンでお得な「JMBローソンPontaカードVISA」もnanacoチャージで還元率0.5%です。

【公式サイトはこちらから】

ローソンPontaカード

====

どのクレジットカードもそうですが、例えば、これから住宅ローンを組もうという方は、住宅ローンの審査が終わってほとぼりが冷めてからクレジットカードを作ることをおススメします(普通、そうだと思いますが)。

審査にどのような影響があるのか、これは金融機関によってバラバラです。

審査が通ってから、固定資産税に備えて用意すると良いかと思います(私はそうしました)。

実践編:実際に公共料金・税金を払おう!

さて、前置きが長くなってすみません。

この裏ワザは、クレジットカードの還元率が高ければ高いほど有利なので、ついついおすすめのクレジットカードの話にのめりこんでしまいました。

実際に公共料金・税金を払う方法をご紹介しますね。

STEP1:クレジットカードの本人認証をしよう!

まず、クレジットカードのうち、JCB、VISA、MasterCardについては、不正利用防止のため、本人認証が必要です。

・・・といっても、先ほど紹介したクレジットカードはちゃんと本人認証対応なのでまったく問題ありません。

リクルートカード・JCB

MyJCB」に登録で自動認証

本人認証の登録は「不要」

「MyJCB」のパスワードでOK

リクルートカードVISA・Mastercard

三菱UFJニコス・MUFGカードWEBサービス」に登録

本人認証の登録は「不要」

「三菱UFJニコス」のパスワードでOK

関連 リクルートカードでnanacoへのクレジットカードチャージをする具体的な手順と注意点

Yahoo! JAPANカード・JCB

Yahoo!カードの管理画面から認証の手続きができます。

関連 Yahoo! JAPANカード(JCB)でnanacoチャージをするための本人認証の流れ

ファミマTカード

会員専用ネットサービスで手続きができます。

関連 ファミマTカードJCBの本人認証サービスは?MyJCBではなく会員専用ネットサービスで!

STEP2:クレジットカードの事前登録をしよう!

さて、クレジットカードとnanacoをひも付けするために、事前に「クレジットカードの登録」が必要です。<

初めてnanacoカードを取得した場合や、nanacoモバイルに登録したばかりの時には、すぐにはできません。

実際に使えるようになるのは、

【nanacoカード】
入会から10日後の朝6時以降

【nanacoモバイル】
新規入会・機種変更から4日後の朝6時以降

からです。

※既にnanacoカードを持っていたり、nanacoモバイルに登録している場合は、待つ必要はありません。

私はnanacoカードを初めて取得したので、10日も待ってる間、ドキドキしてました。

まあ、ちょうどクレジットカードを申し込んでいる間に、その10日間は終わってましたけどね。

STEP3:クレジットチャージは回数・金額制限に注意!

クレジットチャージは、nanaco番号ごとに「1か月間」で次の制限があります。

回数:月15回まで(1日の回数3回まで)

合計金額:月20万円まで

※1か月とは、月初(1日)~月末(各月末日)まで。1日とは、0:00~23:59までです。

他のクレジットカードについては今のところ報告されていませんが、カードの利用状況によっては、同様のことが起こる可能性があります。

nanacoチャージをする前に、早めに申し込んでおいて、利用実績を積み重ねることをおススメします。

また、1回あたりのクレジットカードからのチャージ金額は30,000円までと決まっています。

▼nanacoのホームページからログイン

公式サイト>>>nanaco

nanacoチャージ01

▼会員メニューから「nanacoクレジットカードチャージ」をクリック

nanacoチャージ02

▼「クレジットチャージパスワード」を入力

nanacoチャージ03

▼「クレジットチャージ(入金)」をクリック

nanacoチャージ04

▼「金額」を選択

nanacoチャージ05

※現在「30,000円」まで可能となっています。

▼金額を確認して「申込み」ボタンを選びます。

nanacoチャージ06

▼これでチャージ完了です。「nanacoクレジットチャージトップへ戻る」を選ぶと続けてクレジットチャージができます。

nanacoチャージ07

※チャージされた金額を確認したいときは「会員メニュー」を選ぶとトップページが表示されます。

nanacoチャージ08

※リクルートカードは月3万円までのチャージがポイント対象なのでご注意ください。

▼クレジットチャージを続けます。2回目は5万円-3万円=2万円が限度なので「2万円」を選びます。

nanacoチャージ10

▼1回目と同様にチャージします。

nanacoチャージ11

これで「センターお預り分」の上限である5万円になりました。

コンビニで5万円までの支払いなら可能ですね。

自動車税や軽自動車は楽勝で払えると思います。

また、固定資産税や住民税についても4分割して払えば可能かと思います。

STEP4:支払い前に「残高確認」を忘れずに!

ただし、クレジットカードチャージをしても、すぐセブン-イレブンでnanacoが使えるわけではありません。

センターお預り分を実際に使えるようにするためには、セブン-イレブンのレジか、店内にあるセブン銀行のATMで「残高確認」をしてください。

どういうことかというと、クレジットカードでチャージした金額は、一旦、センターに預けられて、「残高確認」をすることでコンビニのレジやセブン銀行のATMでnanacoに移せます。

そのため、「センターお預り分」と「カード内残高」という2つに分かれます。

残高確認の方法ですが、コンビニの店員さんの中にはあまりよくわからないという方もいるため、私はセブン銀行のATMでいつもやってます。

ほんとに簡単で便利ですよ。

(1)ATM画面上の『nanaco』ボタンを押す。

(2)ATM のリーダーライター(読取部)にnanacoカードまたはnanacoモバイルを置く。

(3)「残高確認」を選ぶ。

・・・たったこれだけです。

nanacoチャージ12

これで「カード内残高」に移るので、このままレジで利用することができます。

はじめての時は残高確認をレジでお願いしたのですが、店員さんが分かっていなかったものだから、深夜にフランチャイズのオーナーに問い合わせをしたりして、30分くらい待たされたことがあります。

残高確認のことを知っておけばそんな面倒なことにはならなかったのですが・・・。

<応用編>

「カード内残高」と「センターお預り分」のマネー残高は、それぞれ5万円までOKです。

そのため、あらかじめnanacoに5万円を残高確認した状態で、さらにセンターお預り分として5万円を入れておくと、レジで支払いながら残高確認をしてもらうことで、合計10万円まで支払うこともできます(手間はかかりますけどね・・・)。

とはいえ、個人的には、固定資産税だったら1期ごとに4回の支払い(4分割)するのをおすすめします。

ときどきチャージに制限がかかるカードもあるようです。

「極端な使い方」を制限しているようなので、「普通」に使っていればいいわけですが、使える時にこのお得ワザを使っておかないと損ですね。

制限について情報があれば、他の皆様のお役に立てるかと思いますので、ぜひともコメント欄にコメントをお願いいたします。

おまけ:コンビニでさらにポイント還元を狙おう!

ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。

そんなあなたにさらに得する情報をお届けします。

これまでnanacoのことばかり書いていましたが、自分の1番よく利用するコンビニは、ローソンとかファミリーマートとかサークルKとか、セブンイレブン以外だからnanacoはあんまりうれしくないんだよな、と思われている方に朗報です。

なんと、nanacoでクオカードを買えば、還元率上乗せで、使えるお店も広がります。

注意

クオカードで税金や公共料金は支払えません。

税金や公共料金を支払いたいときは、「nanaco」で支払いましょう。

セブンイレブンでクオカードを購入すると、例えば1万円のQUOカードの場合、10,180円分使えます。実質、1.8%の還元率ですね。
nanaco18

例えば、リクルートカードなら、

nanacoチャージで1.2%

+クオカード1.8%

=3%還元(ポイント2重取り)

となります。

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

また、もう1つメリットがあります。

コンビニで小さな買い物をすると、100円未満が切り捨てられて実質還元率がどうしても下がってしまうのですが、クオカードを買う時にはムダがありません。

しかも、nanacoならセブンイレブンでの利用となりますが、クオカードなら

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス

でも使えますので、例えば、ローソンなら、次のようにポイント3重取りを狙うこともできます。

【ローソン】

nanacoチャージで1.2%(例:リクルートカード)

+クオカード1.8%

+Ponta1%

=4%還元

コンビニで現金払いは・・・もうしばらくしてないですね。

クオカードの詳細については、次の記事を参考にしてみてください。

関連 QUOカードの購入ならセブンイレブン!ローソン、ファミマ、サークルKで使うときの注意点

また、コンビニ以外にもガストやマツモトキヨシ、書店などでも使えますよ。

====

困ったことがあったら、お気軽にコメント欄にどうぞ。

私の分かる範囲でお答えします!!

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう