2019/01/123 Shares

オーバーローンの場合の住宅ローン控除の確定申告書の書き方と注意点

住宅ローン控除の確定申告書の書き方

金融機関によっては住宅の購入価格に加えて諸費用も含めて融資をする「オーバーローン」があります。

例えば、住宅の購入価格3,300万円と諸費用100万円の合計3,400万円の住宅ローンを借りるケースです。

この場合、住宅ローン控除はどうなるのでしょうか。


1.単独債務の場合

住宅ローン控除は「住宅ローンの年末残高」の1%相当が減税の対象になります。

しかし、住宅の購入価格(取得対価の額)を超える部分については適用できません。

  • 住宅の購入価格:3,300万円
  • 住宅ローン(当初):3,400万円
  • 住宅ローン(年末残高):3,376万円

「3,300万円」が上限となります。

もともと住宅の購入資金を借りる支援をして国民が持ち家を買いやすくする目的で住宅ローン控除があります。

そのため、住宅の購入価格を上回る部分までは優遇しない仕組みになっています。

自分だけで借りている場合の確定申告書の書き方については、次の記事のとおり国税庁のホームページを利用して入力すれば無料で作成できます。

関連 住宅ローン控除の確定申告書の具体的な書き方・添付書類と申請方法を徹底解説




2.連帯債務の場合

一方、「連帯債務」で借りているときも住宅の購入価格(取得対価の額)を超える部分については適用できない点は同様です。

これに加えて確定申告書の作成方法に注意が必要です。

下記の記事のとおりに入力していると、途中で「連帯債務による借入金に係る各共有者の負担割合と年末残高」で手が止まります。

関連 住宅ローン控除の確定申告書の具体的な書き方・添付書類と申請方法を徹底解説

住宅ローン控除の確定申告

(中略)

住宅ローン控除の確定申告

  • 住宅の購入価格:3,300万円
  • 住宅ローン(当初):3,400万円

でオーバーローンになっている場合です。

負担割合合計が100%未満になっていますが、「100%」にする必要があります。

単独債務と違って、連帯債務の場合には住宅ローン自体を各人が何割負担しているかを考慮する必要があります。

負担割合が変わると減税額も変わるからです。

そこで住宅ローン控除の申告書を作成するにあたり、「各共有者の自己資金負担額」で調整します。

ふつうはこの金額はプラスで調整しますが、オーバーローンの場合は「マイナス」で調整します。

オーバーローン

今回は次の「共有割合」に合わせるように計算しています。

  • 本人:4/5(80%)
  • 財務花子:1/5(20%)

住宅の購入価格3,300万円に対して住宅ローン(当初)3,400万円が100万円多い(オーバーローン)ので、この100万円を2人で配分するわけです。

  • 本人:100万円×4/5(80%)=80万円
  • 財務花子:100万円×1/5(20%)=20万円

住宅ローン控除の確定申告

住宅ローン3,400万円のうち100万円は多くて、それは本人に80万円、財務花子が20万円もらったと表現するわけです(自己資金の負担ではないのでマイナスに)。

最終的に確定申告書類の1つである「付表2」でも8欄の各共有者の自己資金負担額は「マイナス」として表示されています。

付表2

住宅ローン控除の作成方法の詳細については次の記事をお読みください。

関連 住宅ローン控除の確定申告書の具体的な書き方・添付書類と申請方法を徹底解説

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする