4 Shares

子の国民年金保険料は親と子本人どっちが払うのが得?まとめて払ったときの社会保険料控除はいつ控除する?

国民年金保険料

結論から言えば、が生計を一にする子どもの国民年金保険料を払って社会保険料控除を受ける方が得になりやすいです。

また、まとめて払ったときは払った年の社会保険料控除になります。

関連 扶養控除とは?親や子どもを扶養にして年末調整や確定申告で節税しよう!

関連 勤労学生控除と扶養控除は併用可能?学生の103万円と130万円の壁に注意


国民年金保険料は社会保険料控除の対象!

日本に住むすべての人は、20歳になったときから国民年金の被保険者となり、国民年金保険料を払う義務があります。

この国民年金保険料を支払う場合は、

  • 子ども本人が支払う
  • 親が支払う

のどちらかを選択することになります。

支払った場合は、「支払った人」が社会保険料控除という控除を受けることができます。

納税者が自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合には、その支払った金額について所得控除を受けることができます。これを社会保険料控除といいます。

控除できる金額は、その年に実際に支払った金額又は給与や公的年金から差し引かれた金額の全額です。

出典:No.1130 社会保険料控除|国税庁

なお、大学生や専門学校生など学生の場合は申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。

そのため、例えば大学4年間は払わないで、後で納付するという選択肢もあります。




子の国民年金保険料は親が払った方が税金上は有利!

社会保険料控除は自分の分だけではなく、生計を一にする家族の分を払っても控除を受けられるので、「誰が払うか?」が重要になります。

結論から言えば、同じ金額を払うにしても、年収が多い人が払う方がお得です。

ということは、ふつうは子どもよりも親が払った方が税金上は有利になるケースがほとんどでしょう。

 

私の大学時代、アルバイトをせっせとがんばって国民年金保険料を自分で支払っている同級生がいました(学生納付特例は利用せず)。

「親には迷惑をかけない。自分の年金も自分で払う

というある意味では素晴らしい考え方だったのですが、税金的に考えると損をしています。

アルバイトも扶養の範囲内(給料年収103万円以下)で働いていたので、そもそも所得税が発生しません。

自分で年金を払っても社会保険料控除を一切受けられないのです。

 

一方、親が払えば親が社会保険料控除を受けることができます

現在の保険料は年額で約20万円くらいなので、所得税率10%+住民税率10%の親なら

  • 国民年金保険料約20万円×20%=約4万円

が節税になります。

  • 扶養内でアルバイトをしている子が払う:節税額0円
  • 親が払う:節税額約4万円

ちなみに学生の間は猶予して社会人になってからまとめて払うという選択肢もあります。

しかしその場合でも新卒の給料では親の年収よりも少ないことが多いので、やはり親が払って節税した場合に比べると少なるなる可能性が高いです。




過去の国民年金保険料をまとめて払うとどうなる?

子どもの国民年金保険料を親が過去3年分まとめて支払った場合はどうなるでしょうか?

答えは今年支払ったものなら過去の年分のものであっても本年分の社会保険料控除の対象になります。

例えば約60万円を支払ったときには、所得税率10%+住民税率10%の親なら

  • 国民年金保険料約60万円×20%=約12万円

が節税になります。

根拠:No.1130 社会保険料控除|国税庁(子供の過去の国民年金保険料を一括して支払った場合)




2年分の国民年金保険料を前納した場合は?

平成26年4月から国民年金保険料の「2年前納」制度が始まりました。

2年分前納した場合には、2つの選択肢があります。

  1. 全額を納めた年に控除する方法
  2. 各年分の保険料に相当する額を各年に控除する方法

2番目の方法は、例えば4月に2年分払うと

  • 今年:9か月分
  • 翌年:12か月分
  • 翌々年:3か月分

と3年にわたって対応する月の分を控除することになります。

どちらが有利かは人の年収・収入によって異なります。

根拠:No.1130 社会保険料控除|国税庁(2年分の国民年金保険料を前納した場合)




子どもが4月から社会人になる場合は要注意

子どもの国民年金保険料を負担するときに注意が必要なのは、「生計を一」にしているかどうかという条件がある点です。

例えば4月から社会人になり、子どもは自分の給料で生活することになれば「生計を別」にしている場合があります。

社会保険料控除を受ける場合、「生計を一」にしているかどうかの判定時期は、国民年金保険料を支払った時点で差し支えないとされています。

1月~3月の間に支払った場合は、社会人になる前で「生計を一」にしていて社会保険料控除の対象になりますが、4月以降は「生計を別」にしているため対象外になります。

  • 生計を一にしている間に払ったもの:対象
  • 生計を別にしている間に払ったもの:対象外

根拠:No.1130 社会保険料控除|国税庁(生計を一にしていた子の国民年金保険料を負担した場合)

申請方法は年末調整または確定申告で

(1) 年末調整

社会保険料控除は年末調整で受けることができます。

社会保険料控除

年末調整の申請方法は下記の記事をお読みください。

関連 保険料控除申告書の具体的な書き方と記入例

(2) 確定申告

親が自営業の場合や、年末調整で社会保険料控除を受けていない場合には、確定申告で申請します。

まとめ

20歳以上の子どもの国民年金保険料については、次の3つの選択肢があります。

  1. 学生納付特例で免除
  2. 「子」が自分で国民年金保険料を支払う
  3. 「親」が代わりに国民年金保険料を支払う

学生の間は「学生納付特例」を利用するのも1つですが、もし支払う場合は「親」が代わりに払った方が税金上は有利になることがほとんどです。

アルバイトをして自分で払いたいという場合でも、例えば年金の分だけ「仕送りの金額」は減らし、親に社会保険料控除で節税してもらった方が世帯全体ではお得になります。

関連 扶養控除とは?親や子どもを扶養にして年末調整や確定申告で節税しよう!

関連 勤労学生控除と扶養控除は併用可能?学生の103万円と130万円の壁に注意

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事のURLとタイトルをコピーする