2年目の住宅ローン控除の必要書類と住宅借入金等特別控除申告書の書き方の見本(平成28年版)

#おすすめ記事

入居2年目からは年末調整で住宅ローン控除が可能!

この記事では、平成28年分の年末調整について、勤め先に提出する必要書類とその具体的な書き方の見本について、画像付きで説明しています。

まず、入居1年目の住宅ローン控除は、必ず「確定申告」をしなければなりません。

関連 図解でわかる!住宅ローン控除の確定申告書の作成方法【平成28年版】

必要書類も多く大変なため、勤め先の年末調整で行うことはできません。

関連 写真で見る住宅ローン控除の確定申告の必要書類一覧(注文住宅編)

住宅ローン控除の条件については、下記の記事を参考にしてみてください。

関連 住宅ローン控除の条件は?減税を受けるための12のポイント

一方、入居2年目からは年末調整だけで住宅ローン控除が可能となります。
住宅ローン控除
これは、1年目と大きく状況が変わらない限りは、後は「年末の住宅ローン残高」にもとづいてその1%相当が減税となるだけなので、確定申告を再度しなくても、一定の書類を勤め先に提出するだけで、可能となるからです。

住宅ローン控除の年末調整の必要書類

年末調整で必ず必要な書類の書き方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連 ゼロからわかる「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方

関連 ゼロからわかる「給与所得者の保険料控除申告書」の書き方

住宅ローン控除の年末調整における必要書類は、次の2種類です。

  1. 「平成28年分給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」兼「平成28年分年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」
  2. 「平成28年分の住宅ローンの年末残高証明書」

税務署から送られてくる申告書兼証明書

10月頃になると、税務署からこのような書類が送られてきます。

「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」兼「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」
年末調整のための住宅ローン控除証明書
しかも、同じような用紙が年度を変えて9枚入っています。
控除証明書
ちなみに私の場合は、平成24年に入居しているため、平成24年が入居1年目です。

入居2年目以降の平成25年から平成33年までの9枚の申告書兼証明書が入っています(住宅ローン控除の適用期間が10年の場合です)。

平成27年に入居した方の場合は、平成28年から平成36年までの9枚の申告書兼証明書を受け取ることになります。

そして、この申告書を1枚ずつ、毎年の年末調整の際に、該当する年分(今年は平成28年分)の申告書兼証明書を勤め先に提出します(記載例は後でご紹介します)。

もし、なくしてしまった場合は、下記の記事を参考に再発行してもらってください。

関連 「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」を紛失したときの再交付の手続

金融機関から送られてくる住宅ローンの年末残高証明書

また、もう1つ必要書類として、銀行などの金融機関からきた「住宅ローンの年末残高証明書」を勤め先に提出します(名前は金融機関によってバラバラです)。

例えば、フラット35であれば、「融資額残高証明書」という名前で、次のように送られてきます(出典:住宅ローン減税を受けるための「融資額残高証明書」の発行~見本~)。
ローン残高証明書1
中を開くと、次のようになっています。この中から、自分の分を切り取って、勤め先に提出します(色やレイアウトは変更となる場合があります)。
ローン残高証明書2

関連 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書とは?使い道と再発行について

「住宅借入金等特別控除申告書(上半分)」の記載例

「平成28年分給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告」を用意します。年分が「平成28年分」となっていることを、必ず確認してください。

なお、記載例では、年分はわざと空欄にしています(来年も同じ画像を使いためです・・・)。

記載の手順
(1)税務署長欄、給与の支払者(=勤め先)の名称・所在地、あなたの氏名・住所
申告書1
税務署長は勤め先の所轄税務署長となりますが、空欄でも結構です。

関連 扶養控除等申告書・住宅借入金等特別控除申告書の「税務署長」の欄は何を書く?

(2)①欄「新築又は購入に係る借入金等の年末残高」

①欄には、平成28年12月31日現在の住宅ローンの金額を記載します。
住宅ローン控除申告書2
今回は、2か所から借りている前提で進めていきますが、1か所しか借りていないならそのままの金額を、2か所以上から借りているなら合計して考えていきます。

<1か所目>
年末残高等証明書1

<2か所目>
年末残高等証明書

この記載例では、950万円+1000万円=1950万円の住宅ローンが残っているというわけですね。

このとき、「建物部分」のみ住宅ローンの借入れをしたなら、「A」欄に記載します。

「土地・建物」について一体として住宅ローンを借りていたら、「C」欄に記載します。

ただし、夫婦で連帯債務者となっている場合には、「連帯債務による住宅借入金等の年末残高×自分の負担割合」を記載することになります。

記載例では、夫50%、妻50%です。

そのため、1950万円×50%=975万円が記載されています。
住宅ローン控除申告書2
記載例では、「C」欄に975万円と記載されています。

(3)②欄「家屋又は土地等の取得対価の額」
(4)③欄「家屋の総床面積又は土地等の総面積のうち居住用部分の床面積又は面積の占める割合」

②欄と③欄には、「下のロ」や「下のホ」のように下半分の情報を転記するようになっていますので、指示に従って、金額や面積を転記してください。

面積の割合は店舗併用でもない限り、ほとんどみなさん、100%です。
申告書2
もし、店舗併用など居住用以外の部分があるときは、割合を小数点以下第4位まで出して、第4位を切り上げます。

ただし、90%以上の場合は、「100%」と記載します。

(5)④欄「取得対価の額に係る借入金等の年末残高」
(6)⑤欄「居住用部分の家屋又は土地等に係る借入金等の年末残高」

④欄は①欄と②欄のいずれか少ない金額を転記します。
申告書3
⑤欄は、「④欄の金額」に「③欄の割合」をかけた金額を転記します。

通常は「③欄=100%」なので、「④欄」と「⑤欄」は通常、同じ金額のはずです。

記載例でも975万円がそのまま転記されています。


※⑥~⑩欄、⑫・⑬欄は「増改築」を前提とした場合です。今回は「新築」を前提にしているので記載不要です。

(6)⑪欄「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算の基礎となる借入金等の年末残高」
(7)⑭欄「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額」

⑪欄は、「⑤欄の金額」を転記します。

ただし、カッコして「最高4000万円」などと書いてあります。その金額を超える場合には、その最高額(今回は4000万円とお書きください。これは、4000万円までの借入金額しか住宅ローン控除が受けられないからです。

なお、この上限額は入居年によって異なります。

  • 平成26年4月1日~12月31日、平成27年中:4000万円または5000万円
  • 平成25年、平成26年1月1日~3月31日:2000万円または3000万円
  • 平成24年:3000万円または4000万円
  • 平成23年:4000万円または6000万円

※金額が大きい方は認定長期優良住宅などの特例の場合

⑭欄は、「⑪欄の金額×1%」を求め、100円未満を切り捨てた金額を記載します。
申告書4

(8)「年間所得の見積額」
⑪欄の1つ右では、「年間所得の見積額」を記載するようにあります。
申告書5
一見すると、「年収」のことかな?と思ってしまいますが、実は違います。

会社員・公務員など「給与だけをもらっている方」の場合には、下記の国税庁のサイトの1番下の欄に今年の年収予想金額を入力すると、自動的に所得を算出してくれます。

この金額を入れておけばOKです。

国税庁|タックスアンサー給与所得控除

例えば、

  • 年収700万円 ⇒ 年間所得510万円
  • 年収600万円 ⇒ 年間所得426万円
  • 年収500万円 ⇒ 年間所得346万円

となります。

関連 「所得の見積額」に年収を書くのはバツ!正しい計算方法と書き方をご紹介

※そもそも所得が「3,000万円」を超えると住宅ローン控除が使えなくなるためこの欄がありますが、ほとんどの方にとっては、この欄を埋めること自体に意味はありません。そのため、空欄のまま提出しても何ら問題ありません。

(9)連帯債務による住宅借入金等の年末残高
(10)備考欄

住宅ローンを連帯債務で借りているときだけ記載します。

1人で借りているときは、(9)と(10)の記載は不要です。
申告書6
(9)には、金融機関からくる「住宅ローンの年末残高の証明書」の年末残高の合計額を記載してください。

記載例では2か所から合計1950万円あったので、この金額を記載しています。

そして、(10)には、他の連帯債務者に関する記載をします。夫婦で勤め先が違う方がほとんどなので、それぞれ相手の状況を書くようになっているのです。

「私は、連帯債務者として、住宅借入金等の残高1950万円のうち975万円を負担することとしています。」
など書いて、他の連帯債務者の方の住所・氏名・押印と、共働きの場合にはその方の勤務先の住所・名称を書くように指示があります。

なお、「私は連帯債務者として~」の「私」とは、あなた自身ではなく、あなたと一緒に借りた「配偶者」や「親」のことですので、誰のことを言っているのか間違えないようご注意ください。

※連帯債務の場合は、「住宅ローンの年末残高の証明書」に合計があるだけで、それぞれの負担割合がわかりません。そのため、このように自分の分はいくらで、他の連帯債務者の分はいくらと明らかにしているのです。

※例えば、夫が1000万円、妻が950万円と別々に借りているような場合には、それぞれいくらなのかがハッキリしているので、このようなことをする必要がありません。確定申告のときと同じように、自分の借りた住宅ローンだけ反映させてください。

「住宅借入金等特別控除証明書(下半分)」の記載例

下半分も、やはり「平成28年分年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」という名称になっているか確認しましょう。

ここには、入居1年目に確定申告をしたときの情報が印字されています。このため、確定申告が省略できるわけです(ここもわざと「平成 年分」と年数は消しています)。
証明書1

記載は以上です。お疲れさまでした。

提出する書類はできる限るコピーをしよう!

入居2年目で、住宅ローン控除の年末調整をする方は、終わったら、できる限るコピーをとっておくことをおすすめします。

なぜなら、これから8年間、残り8回、似たような書類に似たようなことを書いて提出するので、コピーをとっておけば、次回以降は住宅ローンの年末残高が変わるくらいで、基本的には同じだからです。

年に1回だと、どうしても忘れてしまうので、コピーを取っておけば安心ですね。

よくある質問と回答

質問1:「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」兼「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」は、勤め先に提出された後、税務署に提出されるのですか?

回答:年末調整の書類は、基本的に「勤め先」が保存します。したがって、税務署に提出されることはありません。

関連 年末調整の書類は「税務署」に提出されるの?よくある3つの疑問

質問2:年末調整で住宅ローン控除の手続きを忘れてしまいました。どうすればよいでしょうか?

回答:2年目も「確定申告」をすれば、住宅ローン控除を受けることができます。

関連 

質問3:確定申告で医療費控除やふるさと納税をする予定です。その場合も、2年目以降は年末調整で住宅ローン控除をした方がよいですか?

回答:手間だけでいえば、年末調整で住宅ローン控除を終わらせた方が簡単ですし、年末調整の還付で早く還付金がもらえるので、年末調整ですることをおすすめします。

質問4:平成28年は、産休と育休で仕事をしていなかったため、年収は0円です。この場合、私も住宅ローン控除を受けることができますか? できない場合は、主人がすることはできますか?

回答:残念ながら、住宅ローン控除は「所得税・住民税」を払っていることが前提なので、年収0円の年は、受けることができません。また、ご主人様の方で加算して受けるとか、そういうこともできません。

連帯債務やペアローンにして、夫婦で住宅ローン控除を受ける場合は、出産などによって年収がないときは住宅ローン控除が受けられない点も考慮して、負担割合をご検討ください。ちなみに我が家は私3:妻1にして、妻は1年受けられない年がありました。

まとめページ 年末調整で失敗しないための特集【平成28年版】

【固定資産税の節約してますか?】
固定資産税を節約
電子マネーnanacoにチャージすることで、固定資産税や自動車税といった税金の支払いでもクレジットカードのポイントが貯められます。詳細記事 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

『2年目の住宅ローン控除の必要書類と住宅借入金等特別控除申告書の書き方の見本(平成28年版)』へのコメント

  1. 名前:のぶたろう 投稿日:2016/10/22(土) 22:20:08 ID:84df3b7b5

    とても、参考にしています。
    色々なこと、的確でわかりやすく。
    自分達の前を行くような感じです。
    ありがとうございます。

  2. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/10/24(月) 00:41:49 ID:2e70e4ade

    >のぶたろうさん
    こんばんは! neronaです。
    嬉しいコメント、ありがとうございます!
    これからもそういい続けていただけるように、
    半歩先の記事を書いていきたいと思います。
    そして常に、実践者であり続けたいと思います^^

  3. 名前:なお 投稿日:2016/10/24(月) 10:09:56 ID:735943f5f

    とてもわかりやすくて助かりました!

    先週、書類が届いていて何が何だかわからず困っていたところです。

    ありがとうございます(^_^)

  4. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/10/24(月) 18:47:57 ID:fd3b1ecb1

    >なおさん
    こんばんは! neronaです。
    お役に立てて幸いです。
    がっつり還付してもらいましょう(^^)

  5. 名前:ゆたぽん 投稿日:2016/10/25(火) 23:18:51 ID:2406ae61c

    (‘ω’)とても分かりやすくて助かりました

    書く人の事を良く考えられていました!
    特に年間所得の見積額がホントに分からなくてパニックでした~

  6. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/10/26(水) 23:27:35 ID:e59f2fce7

    >ゆたぽんさん
    こんばんは。neronaです!
    非常にうれしいコメント、ありがとうございました!
    嬉しすぎて涙出ました( ;∀;)
    今後もお役に立てる記事を書いていきます!。

  7. 名前:名前は秘密 投稿日:2016/10/29(土) 11:16:45 ID:786cccf82

    ⑪の項目が4000万円以上の場合には4000万円と記載すればよいのでしょうか。
    (最高4000万円)とありますが、⑤の金額を記載するとこれを超えてしまう場合が・・・

  8. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/10/29(土) 12:24:49 ID:4f47cce79

    >匿名さん
    こんにちは! neronaです。

    コメントありがとうございます。そのとおりです。

    住宅ローン控除は現在、最高額が4000万円で、4000万円×1%=40万円が
    控除できる上限のため、4000万円を超える場合には、4000万円で頭打ちです。
    本文中、追記しました。ご質問、感謝します。

  9. 名前:名前は秘密 投稿日:2016/10/29(土) 22:10:33 ID:692bbaa5f

    数あるサイトの中で、一番丁寧でわかりやすい説明でした。とても助かりました!

  10. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/10/29(土) 23:06:53 ID:4f47cce79

    >匿名さん
    ありがとうございます! neronaです。
    そういっていただけるのが本当にうれしいです(^^)
    今後もがんばるぞ~。

  11. 名前:なかやま 投稿日:2016/10/30(日) 20:25:40 ID:ed4f7809d

    教えて頂きたい事があります。

    住宅ローン控除で二ヶ所から借りていて一ヶ所は 住宅のみ。もう一ヶ所は 土地と住宅となっている場合の書類への記入の仕方を教えて頂きたいのです。

    宜しくお願いします。

  12. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/10/30(日) 21:16:28 ID:0dbd6d66c

    >なかやまさん
    こんばんは! neronaです。
    承知しました。記載要領を見ると、税務署に聞いてくださいとあるので、
    念のため、確認してから記事にします。早ければ月曜日の夜ですが、
    数日間、お時間をいただくかもしれません。ご了承ください。

    ====追記====

    下記の記事を書きました。ご参考まで。

    2か所から給与をもらっている人の年末調整と確定申告
    http://shokonoaruie.com/2kasho-kyuyo/

  13. 名前:名前は秘密 投稿日:2016/11/03(木) 07:31:26 ID:4f52dc24e

    とてもわかりやすく、年末調整の際お世話になっています。

    教えていただきたいのですが
    平成25年に新築→確定申告で住宅ローン控除
    平成26年~年末調整で住宅ローン控除
    をしております。

    11欄が【最高2000万まで】と記載があるのですが、銀行から届いた年末残高(2000万超えています)を平成26・27年分の2年間分記載してしまいました。

    控除額は20万ですが、間違えた2年分は訂正申告など必要になりますか?
    その際必要な書類などもあったら教えてください。

  14. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/03(木) 09:40:24 ID:eb1f1bb28

    >匿名さん
    おはようございます! neronaです。
    お役に立てて幸いです! うれしいです^^

    さて、20万円で控除されているのであれば、勤め先の年末調整をした方が
    訂正している可能性が高いです。
    そのため、特に訂正は不要かと思います^^

  15. 名前:2年目 投稿日:2016/11/03(木) 11:52:47 ID:b1c3892dc

    すごく参考になり助かりました。
    わかりやすいです。
    ありがとうございます!

  16. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/03(木) 22:41:36 ID:eb1f1bb28

    >2年目さん
    こんばんは! neronaです。
    ありがとうございます^^
    住宅ローン控除、がっつり還付してもらいましょう!

  17. 名前:ディナモ 投稿日:2016/11/09(水) 13:02:34 ID:4928a471c

    すみません、税務署から送られてくる申告書兼証明書を
    どうやら紛失したようなのです。控除自体は7年目です。
    税務署に問い合わせれば再発行してもらえるものなのでしょうか?

  18. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/09(水) 17:33:41 ID:74c4a1c16

    >ディナモさん
    こんばんは!neronaです。
    税務署から再発行してもらえますよ。
    下記の記事をご参考にしてみてください。

    「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」を紛失したときの再交付の手続
    http://shokonoaruie.com/loankojo-lost/

  19. 名前:ひらりん 投稿日:2016/11/10(木) 11:19:47 ID:c117f9348

    すみません。一番左上の税務署長欄は勤務先の所轄税務署名でいいのでしょうか?

  20. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/10(木) 14:41:56 ID:b18045cdc

    >ひらりんさん
    こんにちは。neronaです。
    ご質問ありがとうございます。
    おっしゃるとおりで勤務先の所轄と考えます。

    扶養控除等申告書ははっきりそう書いてますが、
    これはもともと法律上、給与支払い者(=会社)を
    経由して税務署に提出する建前のものですので、
    相手先は会社の所轄でなければおかしくなります。

    また、過去の国税庁が出している記載例を見ると、
    会社の住所の所轄税務署が記載されているものを
    見つけました。

    まあ、空欄でも問題ないので書かない方も多いですね。
    この回答は、別途記事にします。

  21. 名前:yuki 投稿日:2016/11/12(土) 00:57:12 ID:93645740a

    丁寧な説明で分かりやすかったです。
    質問ですが11欄の最高額が入居年によって違うのは何故ですか?最高4000万と書かれていますが自分は2000万までしか控除対象にならないのは何故ですか⁇

  22. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/12(土) 01:07:22 ID:6bf4fc5f2

    >yukiさん
    こんばんは^^ neronaです。
    お読みいただき、ありがとうございます。
    入居年によって異なるのは、国の政策で、住宅ローン控除が
    できる金額の上限を年によって変えていたからです。

    2000万円ということは、おそらく平成25年中か平成26年1月から3月の間に
    入居されたのではないでしょうか。

    平成26年4月以降は、消費税率が8%となり、住宅が売れなくなると困るので、
    一気に引き上げて4000万円となり、現在も続いています。

  23. 名前:harushu 投稿日:2016/11/12(土) 22:02:10 ID:65cbf06b5

    こんばは!
    基本的な事をお伺いさせてください。主人と2人で(連帯債務者)ローンを組みました。今年申告をするのが2回目となるのですが、銀行からも税務署からも主人の書類しか届きませんでした。
    私は会社に出す年末調整にローンに関しては何も提出しなくて良いのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

  24. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/12(土) 22:30:18 ID:d56a1ca25

    >harusyuさん
    こんばんは!neronaです。
    念のため確認ですが、ご自身の確定申告はしましたか?
    また、本当に連帯債務ですか?連帯保証ではないですか?
    少くとも借入の年末残高証明書はご主人と同じ
    郵便物に入ってます。

  25. 名前:mabe 投稿日:2016/11/13(日) 15:07:35 ID:1a870de05

    年末調整って本当面倒臭い…
    「年間所得の見積額」未記載で良いのですね!
    大変参考になりました^ ^
    本当書き方わからな過ぎて…
    助かりました^ ^
    ありがとうございます^ ^

  26. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/13(日) 16:35:34 ID:78e756511

    >mabeさん
    こんばんは!neronaです。
    本当に年末調整って面倒ですよね(^^;
    しかも書き方は特に説明もなく書類だけ
    渡されることがあるので困りますよね。
    お役に立てて幸いです(^^)

  27. 名前:Kuma 投稿日:2016/11/13(日) 21:40:04 ID:4addd219e

    このようなページがあり大変助かります。

    何点か質問がありますので、ご回答いただけませんでしょうか。

    1.会社経由でなくても、個人で税務署?に提出することで、控除を受ける手続きを行うことは可能なのでしょうか?
    この場合、本人ではなくても、妻でも手続きは可能でしょうか?

    2.年末で会社を辞め、年始から別の会社に行くのですが、会社に提出する場合、年末まで勤めている会社に提出するという認識で合っていますでしょうか?

  28. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/13(日) 21:49:55 ID:0aa351651

    >Kumaさん
    こんばんは^^ neronaです。

    >このようなページがあり大変助かります。
    そういっていただけてとてもうれしいです^^

    >1.会社経由でなくても、個人で税務署?に提出することで、控除を受ける手続きを行うことは可能なのでしょうか?
    この場合、本人ではなくても、妻でも手続きは可能でしょうか?

    可能です。税務署に対して確定申告をすることでできます。
    妻でも可能です。1番簡単なのは国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成して、印刷したものを郵送する方法ですね。
    住宅ローン控除については、1月に作り方をご紹介する予定です。

    参考「住宅ローン残高、離婚、子どもの障害は職場に知られたくない!年末調整書類を一部省略できますか?」
    http://shokonoaruie.com/nencho-cut/

    >2.年末で会社を辞め、年始から別の会社に行くのですが、会社に提出する場合、年末まで勤めている会社に提出するという認識で合っていますでしょうか?

    12月分の給与までもらって退職する場合、現在の会社で年末調整が可能です。そのため、年末まで勤めている会社に提出します。
    この場合、「平成29年分」の給与所得者の扶養控除等申告書は、もう給料をもらう立場ではないので提出しても意味がありませんが、念のため、提出することをおすすめします(会社がいらないと言わない限りは)。
    そして、来年改めて次の会社で「平成29年分」の給与所得者の扶養控除等申告書を再度提出することになります。

  29. 名前:ウニコ 投稿日:2016/11/15(火) 15:00:38 ID:0d946c2c9

    大変参考になりました。
    年末調整は毎年苦戦するのでありがたいです。

    ひとつ教えて頂きたい箇所があります。

    最初の①の箇所で自分の負担割合をかけるとありますが、
    夫と妻で別々に借り入れをしている場合は
    「合算した金額×割合」になるのでしょうか。

    それとも、夫の方は「夫の年末残高×100%」
    妻の方は「妻の年末残高×100%」になるのでしょうか?

    「年末残高等証明書」は夫・妻分の各1通
    確定申告は昨年2人受けています。

    よろしくお願いいたします。

  30. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/16(水) 00:13:09 ID:7911db263

    >ウニコさん
    こんばんは!neronaです。
    1年目の確定申告の書類も、2年目の年末調整の書類も、基本的には同じ書き方です。
    おそらく、確定申告では、それぞれの住宅ローンの金額を書いて
    確定申告したのではないでしょうか。
    そして、連帯債務ではないので、負担割合は「100%」だったのではないでしょうか。

    そうであれば、書いていただいているとおり、今回も、
    夫の方は「夫の年末残高×100%」
    妻の方は「妻の年末残高×100%」
    となるかと思います。

  31. 名前:ウニコ 投稿日:2016/11/16(水) 09:04:01 ID:f7bd5ebb5

    ご丁寧にありがとうございました。
    どのサイトにも書いてなくて、不安でした。

    本当こちらのサイトは詳しくって他のサイトよりも
    わかりやすく、見やすかったです。

    早速ブックマークに登録しました。

    ありがとうございます。
    これからも拝見させていただきます。

  32. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/16(水) 09:38:03 ID:3aa90a0d0

    >ウニコさん
    おはようございます^^
    こちらこそ、ご質問をいただいたおかげで、
    記事自体を充実させることができました(真ん中くらいに追記しました)。

    年末調整以外でも、お金に関する難しいけど知っていると得する情報を
    今後もご提供できるようにがんばります^^

  33. 名前:しゅがー 投稿日:2016/11/16(水) 10:11:10 ID:2d3978277

    ちょっといくつかお尋ねしたいのですが、
    ①給与所得者が所定の条件に当てはまる増改築をした場合、初年度は確定申告で翌年から年末調整という流れで合っているでしょうか?

    ②もし①が合っているとすれば、翌年以降は申告書が最初に受けていた方の申告書と新しく増改築の方の申告書と2枚の提出になるのでしょうか?

    説明が下手で分かりづらかったら申し訳ありません。
    よろしくお願いします。

  34. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/16(水) 12:06:22 ID:3aa90a0d0

    >しゅがーさん
    こんにちは。neronaです。
    1番目はその通りで、1年目は必ず確定申告、2年目から年末調整です。

    1年目:税務署に対して確定申告書を提出して控除
    2年目以降:勤め先に対して「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」を提出して年末調整で控除

    2番目は、「最初に受けていた方の申告書」というのが1年目の確定申告書を
    さすのであれば、これは2年目以降提出する必要はありません。

    新しく「増改築の方の申告書」というのは、おそらく「給与所得者の
    (特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」のことをさしている
    のではないかと思いますが、こちらだけ提出します。
    記載例として、昨年、旧ブログのリンクを貼っておきます。

    参考:「増改築」と住宅ローン控除2年目の記載方法
    http://icube2011.doorblog.jp/renovation

    もし、ご質問の意図と異なっていたら、追加でご質問ください。

  35. 名前:しゅがー 投稿日:2016/11/16(水) 14:50:27 ID:2d3978277

    ご返信ありがとうございました。

    先ほどの質問の②なんですが、分かりづらく申し訳ありませんでした。

    新築取得時に確定申告し、翌年届く申告書(仮にAとします)がありますよね。
    その数年後(A控除期間内)に増改築をしたら、またその年度末に確定申告をし翌年申告書B(増改築に係る記載されたもの)が届くかと思うのですが、
    増改築で確定申告をした後に届く申告書Bには、Aの情報も入った状態で届くのでしょうか?
    それとも申告書自体はAとBの2種類が手元にある状態で、記入はどちらか一方にまとめるということになりますか?

    うまく説明できず申し訳ありません。

  36. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/16(水) 22:45:00 ID:7911db263

    >しゅがーさん
    こんばんは^^ neronaです。
    なるほど、状況理解しました。
    私も現物を見たことがないので最終的には税務署から届く
    申告書Bをご確認いただきたいのですが、Aの情報が入っているか、
    いないかにかかわらず、最終的には1つにまとめる必要があると
    考えます。

    というのは、新築の住宅ローン控除と増改築の住宅ローン控除は
    併用可能ですが、一定の限度額があって、その計算をするときは、
    それぞれの合計について限度額が設けられています。

    申告書の中で11欄で新築の住宅ローンの年末残高(5欄)と
    増改築の住宅ローンの年末残高(10欄)を合算し、
    最高●●円という限度額がここで登場するので、個別に記入すると、
    この限度額との比較ができません。

    そのため、AとBの2種類の申告書が手元にあるのか、それとも
    BにAの情報ものるのかは、私もわかりませんが、いずれにしても、
    1枚に書くべきかと思います。
    ただ、2種類の申告書がある場合でも、Bの申告書に記載して、
    Aの申告書も念のため、何も書かずに提出しておいた方が、
    判断しやすいのではないかと思います。

    ただ、最終的には、勤め先の方もあまり遭遇しないような
    事例ですので、あらかじめ、書類が届き次第、税務署に書き方を
    確認することをおすすめします。

  37. 名前:EYES☆ 投稿日:2016/11/17(木) 21:12:04 ID:e6c1eafae

    年末調整の提出書類の記入方法、とっても分かり易く助かりました!ありがとうございます!!

    教えてください!
    去年住宅購入して、旦那とわたしの名義で住宅ローンを組みました。
    わたしは旦那の扶養で範囲内で働いているんですが、住宅ローン控除は適用されるんでしょうか?
    一年目は確定申告することを知っていたので
    旦那はして、
    わたしは職場で年末調整をしました。
    二年目の今年、わたしは確定申告した方がいいのか、年末調整でいいのか教えてください。
    よろしくお願いします。

  38. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/17(木) 21:21:50 ID:6862c6452

    >EYES☆さん
    こんばんは!neronaです。
    お役に立てて幸いです。

    扶養の範囲内ということは、EYES☆さんに所得税や住民税の
    支払いが1円もないということで、おそらく1年目はEYES☆さん
    自身では確定申告しなかったのですね。

    そうなると、EYES☆さんは住宅ローン控除ができないので、
    2年目も年末調整はしますが、その中で住宅ローン控除は
    できませんし、確定申告もする意味がないということになります。

    記事を書いてみました。ご参考までm(_ _)m

    扶養の範囲内で働いている私は生命保険料控除や住宅ローン控除ができますか?
    http://shokonoaruie.com/part-kojo/

  39. 名前:うさぎ 投稿日:2016/11/28(月) 15:21:55 ID:28ce757b5

    いくつかお尋ねします。

    銀行と金融支援機構の証明書が2枚あり、
    金融支援機構は摘要欄に連帯債務者(母)があり、
    銀行の摘要欄は空白です。
    2枚の年末残高を合計して割合をかける時、
    どう計算すれば良いのでしょうか?

    また、私と母の「割合」はどうすればわかるのでしょうか?

    よろしくお願いします。

  40. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/28(月) 16:34:48 ID:e4316aca5

    >うさぎさん
    こんにちは!neronaです。
    両方とも、答えは「1年目の確定申告書」にあります。
    摘要欄に連帯債務者があるものとないものがあるかと
    思いますが、1年目の確定申告の際に、それを考慮して
    既に負担割合を求めて計算しているはずです。

    記事にしましたので、こちらをお読みいただき、
    わからない場合は、またご質問ください^^

    【2年目の住宅ローン控除】 連帯債務の負担割合や2か所以上借りている場合はどう書けばいいの?
    http://shokonoaruie.com/loankojo2-rentai/

    ただ、そもそも1年目の確定申告があっているかどうかまでは、
    私の方ではわかりかねますので、その点は、あらかじめご留意ください。

  41. 名前:うさぎ 投稿日:2016/11/28(月) 16:59:12 ID:21269354d

    大変わかりやすく教えていただき、ありがとうございます。

    探しても見つからないのですが、
    1年目の確定申告が見つからない場合は、税務署に電話で聞けば教えてくれるのでしょうか?

  42. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/28(月) 17:20:57 ID:e4316aca5

    >うさぎさん
    こんにちは。neronaです。
    確定申告書は、自分が申告した税務署に行くと見ることができます。
    本人確認のため、免許証などを提示します。コピーできないため、
    書き写すことになりますが、今回はそれで十分かと思います。

    なお、次の記事が参考になりそうです。

    税務署で確定申告書を再発行してみた!期間や必要書類は?
    http://situgyou-life.com/zeikin/kakutei/5468

  43. 名前:masaki 投稿日:2016/11/28(月) 21:53:10 ID:55a42a5db

    はじめまして、大変参考になっております。
    3年目の控除申請を職場を通じて行おうとしています。
    職場の担当者が控除申請のことをよく理解していないらしく、『住宅借入金等特別控除証明書(下半分) ヲ の金額は昨年と同額でいいのか?』(つまり①>②が続く間は、⑪*1% の控除額(同額)が10年間続いて良いのか)ということを尋ねられました。

    この控除額が10年続くと個人的には理解しているのですが、それで良いのかご教授いただければと思います。

  44. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/11/29(火) 00:43:31 ID:2f0b69566

    >masakiさん
    こんばんは。neronaです。
    3年目ということは、平成26年中にお住いになったかと思いますが、
    おそらく限度が2000万円の時期ですね。
    (消費税率8%のとき購入なら4000万円ですが10年間続くのは考えづらい)

    そして、10年経っても2000万円を超えるのであれば、
    ご指摘の通り、Max2000万円まで、つまり20万円が
    10年間続くことになると考えます。

  45. 名前:ひろ 投稿日:2016/12/07(水) 23:57:03 ID:3100d86cc

    たいへん丁寧なサイトありがとうございますm(_ _)m

    それなのにスミマセン、確認させて頂きたい事があります。

    平成27年3月に入居。連帯債務者に主人がおります。(主人が6割、私が4割)

    備考欄は、主人が記入するという事ですよね?『連帯債務者は私で、その額は◯◯円です』と言う記入ですよね?私の代筆でも良いのですか?

    ここまで学んで、用紙に記入して気づいたのですが。。

    私は27年3月に入居し、当時は主人の扶養ではありませんでした。しかし、28年1月末に前の会社を退職し、パートとして別の会社に就職した為に、28年2月から主人の扶養になっています。今年の年収の合計(単純に年収)は102万円になりそうです(これを越える事はない。子供の病気等で欠勤すれば、もっと減る)。

    この場合は、住宅ローンの控除はありませんよね?(^o^;)

    入居一年目は確定申告しました。

    すみません、宜しくお願いいたします。

  46. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/12/08(木) 01:19:40 ID:a4841ff25

    >ひろさん
    こんばんは。neronaです。

    1)記入方法
    国税庁の記載要領によれば、次のようになっています。
    『「備考」欄に、他の連帯債務者から、「私は連帯債務者として、右上の住宅借入金等
    の残高○○○円のうち、○○○円を負担することとしています。」等の文言、住所及び
    氏名の記入と押印を受けてください。その方が給与所得者である場合には、その勤務先
    の所在地及び名称も併せて記入を受けてください。』
    ストレートに読めば、本人が記載です。ただ、これについて、別の方が書いたことをもって
    不利になるということは、聞いたことがありません。趣旨としては、連帯債務だとそれぞれ
    があわせて100%にならない割合で悪いことを考える人がいるためだと思いますので、
    ただしく6割、4割でやっているのであれば、結果的に問題にならないかと思います。

    2)控除
    所得税は103万円までですが、住民税は98~100万円の間でかかる可能性があるため、
    年末調整自体は住宅ローン控除もやっておくことをおすすめします。
    98万円以下ならなしですね。

    3)その他
    また、ひろさんが年収103万円以下なので、ご主人様の方で配偶者控除をお忘れずに^^

  47. 名前:ひろ 投稿日:2016/12/08(木) 07:05:38 ID:5890ce138

    御返事も素早くて感激しました!色々ありがとうございましたm(_ _)m

  48. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/12/08(木) 16:04:58 ID:6768301ef

    >ひろさん
    こんにちは。neronaです^^
    お役にたてて幸いです。

  49. 名前: 投稿日:2017/01/05(木) 21:10:51 ID:f28c40e24

    ローン返済6年目です。これまで問題なく控除してきましたが,今年にかぎって
    海外に長期出張中でして,手違い等もあり必要書類等を提出期限までに会社に提出出来ませんでした。そのため自分で確定申告しないといけないのですが3月中旬まで日本に帰れそうにありません。3月中旬以降でも
    確定申告は受け付けてもらえるでしょうか

  50. nerona 名前:nerona 投稿日:2017/01/05(木) 21:42:47 ID:41a9e7a0a

    >南さん
    こんばんは。neronaです。
    大変残念ですが、ご質問の内容は非常に慎重に対応すべきものであり、
    税務署又は税理士に相談しても詳細を確認しないと回答ができないレベルのため、
    私がコメント欄で回答するのは差し控えさせていただきます。

    現在海外にいらっしゃるということでしょうが、そもそも海外に
    いる時点で住宅ローン控除は適用対象外の可能性が高い点、
    確定申告は日本にいる納税管理人に代わりにしてもらう可能性が
    高い点が考えられますが、状況次第です。

  51. 名前: 投稿日:2017/01/05(木) 22:26:26 ID:f28c40e24

    了解いたしました。税務署に確認してみます。ありがとうございました。

  52. nerona 名前:nerona 投稿日:2017/01/05(木) 22:27:16 ID:41a9e7a0a

    >南さん
    お役に立てず申し訳ありません>_<